妊娠中期はいつからいつまで?過ごし方は?疲れや体重の増加にも注意!

妊娠中期はいつからいつまで?過ごし方は?疲れや体重の増加にも注意!
スポンサードリンク

つわりなどの体調不良や流産の不安が大きい妊娠初期が終わり、
いよいよ安定期と言われる妊娠中期に突入します。

具合もだいぶ良くなるという人が多く、
お腹も突き出ているというわけでもないので身軽に行動できる時期です。

でも、実は結構気をつけなければならないこともあるんですよ。
今回は、そんな妊娠中期の期間と過ごし方についてご紹介します。

 

妊娠中期の期間はいつからいつまで?

妊娠中期は、妊娠5ヶ月に入る16週から、
妊娠7ヶ月終わりの27週までの期間を言います。

16週というと、つわりも多くの人が治まって、
ごはんが美味しく食べられるようになる時期ですよね。

わたしも急に食欲が出てきて、
体重が増えて助産師さんに怒られてしまいました。

俗に言う「安定期」と呼ばれる時期ですが、
状態が安定していて危険が少ないという意味ではなく、
あくまで胎盤が完成して赤ちゃんの居心地が安定するという意味です。

ですので、いくら調子が良くても無理は禁物です。

16週だとお腹はまだあまり目立たない人も多いですが、
妊娠中期の後半、27週にもなればお腹は出てきますし、
胎動を感じる人がほとんどになります。

つまり、この時期は見た目の変化も大きく、
誰が見ても妊婦とわかるようになってくるので、
赤ちゃんの成長をより感じることができます。

 
スポンサードリンク

妊娠中期の過ごし方

妊娠中期は安定期と言われていますが、
基本的に自分は妊娠しているという自覚を持って、
慎重に行動することが大切です。

わたしはつわりが軽かった上に早めに終わったので、
つい無理をして歩いて買い物に行ったりなど、
結構動いてしまっていました。

でも、やはり普段とはからだの様子が違うので、
疲れやすかったり、具合が悪くなりやすかったです。

また、わたしの場合は、安定期に入ったばかりの頃、
頭痛が頻繁にあってつらかったですね。

適度な運動は大切ではありますが、
いつでも休める環境でおこなったりするなど、
決して無理をしないことが大切です。

そしてもうひとつ、妊娠中期は食欲が出てしまう時期なので、
体重増加には注意してくださいね。

味付けは気持ち薄めに、野菜をたっぷり使って、
腹八分目にすることも重要ですよ!

 

安定期に入っても気を抜かずに!

今回は妊娠中期の期間や過ごし方についてご紹介してきましたが、
ポイントは安定期とは言っても100%安全ということはないので、
決して無理はしないことです。

また、体重の増加にも注意が必要ですので、
料理の味付けにも気を付けたいところです。

妊娠中期はただでさえ検診が少なくなる時期ですので、
気を抜かずに体調管理を意識して過ごしていきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク