妊娠初期の風邪、胎児への影響は?薬は飲める?医師に相談して正しい服用を!

妊娠初期の風邪、胎児への影響は?薬は飲める?医師に相談して正しい服用を!

妊娠初期というと、つわりで心身ともに参っているという人も多いはず。

そこに風邪をひいてダブルパンチ!となると、
かなり辛くなってしまいますよね。

ですが、妊娠初期は風邪をひきやすいように感じます。

そこで今回は、妊娠初期に風邪をひいてしまって胎児に影響があるのかどうか、
また、風邪薬を飲んでも良いのかどうかをご紹介したいと思います。

 

妊娠初期の風邪の胎児への影響について

妊娠初期は、お腹の中で胎児が急ピッチで成長しており、
免疫力が低下してしまう時期でもあります。
そのため、風邪をひきやすい時期でもあるんですね。

わたしも実は妊娠初期の10週くらいの頃に、
風邪をひいてしまったことがありました。

普段はすぐに治る風邪も、妊娠中にかかるとかなり厄介な存在に!
結局2週間くらい尾を引きました。

ですが、妊娠初期の風邪に関しては、
38度以上の高熱が3日以上続くような状態でなければ、
そこまで心配することはありません。

ですので、風邪が原因で流産してしまうということもほとんどありません。

妊娠初期の流産は、ほぼ原因が胎児側にあるため、
お母さん側に責任はないんですよ。

ただ、風邪が長引いてしまうことが多い妊娠初期に、
普段のように治すというのに抵抗がある妊婦さんもいるようです。

次の項目では妊娠中の風邪薬の飲み方について、
詳しく説明していきますのでご覧ください。

 
スポンサードリンク

妊娠中の風邪薬の飲み方

妊娠初期は、薬が胎児に与える影響が大きい時期でもあることは、
皆さんご存知だと思います。

でも、実際は妊娠初期でもよっぽどの薬でなければ、
服薬しても奇形の確率はさして変わらないそうです。

その「よっぽどの薬」とはどんな薬かというと、
抗がん剤やホルモン剤、精神病薬などです。

風邪のために出される薬などは医師に相談すれば処方してくれるので、
まずは産婦人科医に聞いてみましょう。
妊娠初期に飲んでも大丈夫な抗生物質などを処方してくれるはずです。

そのとき、自己判断で薬を飲まなかったり、
飲み方を変えたりはしないように注意してくださいね。

特に抗生物質はきちんと飲みきる、
時間や用量を守ると言ったことが大切です。

確かに薬は飲まないに越したことはありませんが、
風邪で具合が悪い状態では精神面でも不安が大きいかと思います。
早めに治して、お腹の赤ちゃん一番に考えてあげられるようにしたいですね。

 

風邪薬は服用可能でも・・・

今回は妊娠初期の風邪、そして風邪薬について、
胎児に影響があるかどうかなどをご説明してきました。

心配が絶えない時期ですが、まず言えることは、
普通の風邪であれば胎児に影響が出るとは考えにくいこと。
そして、薬はダメかと言われると、そうではないこと。

かなり強い薬でなければ、胎児への影響はあまりないようです。

ですが、風邪薬は服用可能でも決して自己判断はせずに、
産婦人科の先生に相談をして治療するようにしてくたさいね。

風邪をしっかり治して、快適な妊婦生活が送ってください。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク