妊娠後期に眠れない、苦しいときの原因・対応方法は?環境や姿勢を工夫して改善を!

妊娠後期に眠れない、苦しいときの原因・対応方法は?環境や姿勢を工夫して改善を!

わたしもそうでしたが、妊娠後期になると、
急に夜寝付けなくなってしまうんですよね。

出産してからは満足に眠れないだろうから、
今のうちに沢山寝ておきたいのに、なぜか眠れない!

そこで、妊娠後期に苦しくて眠れなくなる原因や、
その対応方法についてご紹介したいと思います。

 

妊娠後期に苦しくて眠れなくなる原因

妊娠後期は本当にわたしも辛かったです!

眠れない、苦しい、不安…。
この三重苦で毎日ぐっすり眠れたことなんかありませんでした。

でもなんで妊娠後期になると眠れなくなってしまうのでしょうか?
原因は主に4つあるようです。

原因①:横向きでしか眠れない
妊娠後期に入ったら急にお腹が大きくなるもので、
こうなると仰向けではとても眠れません。
寝返りもなかなか打てなくなってしまうので、
寝つきが非常に悪くなります。

原因②:夜中、トイレに起きてしまう
わたしも妊娠後期は頻尿で、
夜中に2回くらいトイレに起きていました。
やっと眠れたと思ったらまたトイレ、
これではなかなか熟睡できませんね。

原因③:胎動が激しい
ウトウトしてきたので寝ようかな、
と思うとドコドコ胎動が激しくなるんですよね。(笑)
でも胎動がずーっと続くということはないので、
お腹の赤ちゃんが眠ったなと思ったら寝ていました。

原因④:ホルモンの影響
妊娠中は眠りを浅くするホルモンがはたらくようになるのですが、
妊娠後期になるとそのホルモンがさらに活発になるため、
眠れないといった症状が出ます。

 
スポンサードリンク

苦しくて眠れないときの対応方法

では苦しくてなかなか眠れないときの対応方法についてご紹介していきます。

対応①:開き直る!
夜=ゆっくり眠らなければならないもの、と思い込んでいませんか?
夜眠れないからといって焦らず、お昼寝で睡眠時間を補充すればいいや!、
くらいにリラックスして考えるようにしてください。
わたしは眠れないとき、夜な夜な編み物をしていました。

対応②:ストレッチやヨガをする
ストレッチやヨガをすることで血行が良くなり、寝つきが良くなります。
さらに筋肉が伸ばされることによって良い運動にもなり、
気分転換がしやすくなって眠りやすくなりますよ。
ただ、お腹が張っているときは無理をしないようにしましょう。

対応③:抱き枕をフル活用!
わたしは三日月型の抱き枕を買って、
かならず脚に挟んで横になって寝るようにしていました。
おかげで眠りやすい体勢を見つけることができ、安眠しやすくなりましたよ!
抱き枕じゃなくても、クッションを股に挟んで寝るのもオススメです。

 

眠る環境や姿勢を工夫して改善を!

妊娠後期に起こりやすい「苦しくて眠れない」という悩みについて、
原因や対応方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

胎動は、我が子が元気にお腹で過ごしている証拠なので、
多少の痛みは大目に見ましょうね。(笑)

眠るまでの環境づくり、姿勢など工夫していけば、
なかなか眠れなくてついイライラしてしまう毎日が、
少し改善できるかと思います。

今回ご紹介した対応方法も、是非試してみてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク