妊娠初期のつわりはいつから?症状もしっかり理解してトラブル防止を!

妊娠初期のつわりはいつから?症状もしっかり理解してトラブル防止を!

はじめて妊娠に気づくきっかけがつわりという人もいるのではないでしょうか?

胃がムカムカして気持ちが悪くなるという人から、
食べ続けていないと具合が悪いなど症状は様々です。

そんなつわりですが、一体いつから始まるのでしょうか?
今回はそんなつわりの始まる時期と、
その症状について大特集していきたいと思います。

 

妊娠初期のつわりはいつから始まる?

一番気になるのは、つわりはいったいいつから始まるのかということですよね。

早い人だと妊娠4週、つまり妊娠2ヶ月に突入したくらいから、
体調に変化を感じる人もいます。

わたしもつわりの症状を感じるのが早く、
4週からご飯が食べられなくなりました。

その分妊娠10週くらいでピークもなく終わってしまったのですが、
早めに気付けたことは体調不良で安易に薬を飲むこともなく、
無事に過ごせたので良かったかなと思っています。

ちょうど妊娠4週目だと次回の生理予定日となるので、
検査薬で確実に結果が出るのは、
それからさらに1週間後ということになります。

具合が悪いからと安易に薬を飲むよりも、
先に心当たりがあれば検査薬で調べてしまうのも手ですね。

最近の検査薬は精度や感知度が素晴らしいので、
早めに検査しても陽性反応が出ることがあります。

ただし、病院で胎嚢が確認できるのはちょっと先になりますので、
病院は生理予定日から2週間くらい過ぎてから行くようにしましょう。

 
スポンサードリンク

妊娠初期のつわりの症状

まず、つわりの症状で代表的なのは、
気持ちが悪くなる、嘔吐してしまうということですよね。

でも、これ以外にも実はつわりの症状はたくさんあるんですよ。
わたしは気持ちが悪いというよりも頭痛と眠気がひどかったです。

また、特定の時間だけ具合が悪いパターンもあります。
朝方だけ、夜だけに急に調子が悪くなるのです。

他にも、においに敏感になったり味覚が変化することも多くあります。
具合がとにかく悪いので精神的にもイライラしがちになり、
旦那さんとけんかになってしまうことも・・・。

そうならないためにも、つわりのことについて、
ぜひ旦那さんと一緒に勉強してみると良いかもしれませんね。

また「今自分はこういう状態だからいらいらしてしまうんだ」ということを
はっきりと先に伝えておくこともトラブル防止のコツです。

男の人は言わないとわからない、という人が多いので、
しっかり口に出して自分の状態を教えてあげましょう。

 

具合が割るときは無理をせず休養を

さて、つわりのはじまりの時期と症状、
ワンポイントアドバイスについてお話してきましたがいかがでしたか?

つわりは早い人で妊娠4週から現れ始めます。
症状は胃の不具合や味覚や嗅覚の変化、精神的な変化などです。

つわりじゃないと思われがちな眠気や頭痛も立派なつわりの症状です!
具合が悪いときはゆっくり休むようにして無理はしないようにしましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク