ニンニクの栄養や効果・効能は?様々なサプリメントが出るほど健康へ影響が!

ニンニクの栄養や効果・効能は?様々なサプリメントが出るほど健康へ影響が!

スタミナ食材の代表的な野菜であるニンニク。

一粒食べればパワー100倍!なんて言われたりしますね。
特に火を通すと、なんとも食欲をそそる独特の香りが広がります。

私はニンニクが大好きで、次の日に予定がなければ、
よくパスタに入れたり、ガーリックライスにしたり食べています。

ですが、あらためてニンニクの栄養って何?と言われると、
詳しくはわからないというのが本音です。
そこで今回は、ニンニクの栄養、効果や効能についてご紹介します。

 

ニンニクの栄養について

ニンニクの主な成分は炭水化物とたんぱく質でできています。

特にビタミンB6の含有量は食べ物の中でもトップクラスで、
そのほかのビタミン類やミネラル、アミノ酸などを、
バランスよく含んでいる非常に栄養価の高い食材といえます。

特にニンニクの独特なにおいの元である硫化アリルは、
様々な健康に良い効果が結集しているので注目したい成分です。
詳しい話はこの後の項目でご紹介しますね。

ニンニクはアミノ酸の含有量も多く、
ついたくさん摂取したくなってしまう食材なのですが、
やはり「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。

食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかってしまうこともあります。
1日に加熱したニンニク1片でも十分必要な栄養素は摂取できますよ!

 
スポンサードリンク

ニンニクの効果・効能

ニンニクといえば、様々なサプリメントが出ているくらいで、
様々な健康への効果・効能が期待できます。

それではニンニクの主な効果・効能を見ていきましょう。

効果①:滋養強壮
よくニンニクを食べると元気が出てくるって聞いたことがありますよね。
これはニンニクのニオイの元である硫化アリルがビタミンB1と結びついて、
「アリチアミン」という体内のエネルギー代謝を促す成分に変わるからなんです。

体内にとどまっている時間が長いため、
スタミナの維持や疲労回復にも効果があるというわけなんですね。

効果②:血液をサラサラにする
生のニンニクに含まれる「アリイン」を油炒めなどをすると、
細胞が壊れて「アリシン」に変化します。

アリシンはコレステロール値を下げて血液をサラサラにするため、
動脈硬化などの血管の病気予防に効果があるのと、
血流が良くなるので末端まで血が行き渡って冷え性が改善されます。

また、抗酸化作用が強力なのでアンチエイジングにもぴったり!
においがきついから・・・と食べないより、
どんどん食べていったほうが老化を抑えられるんですね。

 

食べ過ぎずコンスタントに食べること!

ニンニクには、評判通り素晴らしい栄養や効果・効能がありますね!

ただ、やはりいくら健康にいいからと言って食べすぎるのではなく、
少しずつコンスタントに食べるのが一番でしょう。

ちなみに、食べた後のにおいが気になるときは食後に緑茶を飲むと良いそうです。
一度お試しくださいませ!

 
作成者:masa
 

スポンサードリンク