年末の大掃除、順番・段取りは?重点的に手を付けたい場所や掃除のポイントもご紹介!

年末の大掃除、順番・段取りは?重点的に手を付けたい場所や掃除のポイントもご紹介!

はりきっておこないたい年末の大掃除。

わたしも12月に入り、準備段階から本格的な掃除に移っているところですが、
大掃除する箇所がなかなか多くて骨が折れる思いです。

そこで考えたのが、隅々まですべてやろうとするのではなく、
大掃除をする箇所を絞っていったらどうかということ。

そこで今回は、年末の大掃除で掃除したい箇所、
順番や段取りを紹介していきたいと思います。

 

年末の大掃除で掃除する箇所

まずは年末の大掃除でぜひやっておきたい、
3つの場所についてご紹介します。

①玄関
案外見落としがちなのは玄関です。
玄関は家のドアを開けた瞬間最初に見える場所であり、
家庭の入り口なのです。

普段からの掃除も大切ではありますが、
今一度ホコリがかぶっている場所はないか、
靴が乱雑になっていないかなどをチェックする必要があります。

②キッチン・浴室
キッチンの大掃除では、棚の中身など整理だけでなく、
「整頓」を主におこなっていきます。

賞味期限切れの調味料はありませんか?
使っていない調理器具は眠っていませんか?

キッチンの大掃除にとって「断捨離」は大切になってきますので、
しっかり要るものと要らないものを分けていきましょう。
また、浴室はヌメリなどをしっかりとっていきましょう。

③ベランダ・庭
ベランダや庭も意外と汚れがたまりやすい場所です。
洗濯物についた糸くずなど細かいゴミが落ちていることが多々あります。

ほうきでキレイにとってから、水で流してしまうのが一番でしょう。
窓は専用クリーナーを使ってしっかりと磨いていきましょう。

 
スポンサードリンク

大掃除の順番や段取り

我が家の年末の大掃除の順番は、
玄関、浴室、キッチン、リビングや寝室、ベランダの順番でおこなっています。

11月下旬から徐々に始めていって、
最終的に年末は大掃除の仕上げをする形となります。

早めに開始する理由は、単純にあわただしくなる年末に、
大掃除だけに時間を割いてはいられないからです。

そこで先にどんどん掃除をし始めておけば、
慌てずにゆっくりと進めていくことができるのです。

モチベーションの点で重要なのは、
玄関や浴室など狭くて掃除の結果が出やすい場所から掃除をして、
きれいになったという気持ちを高めていく方法がおすすめです。

部屋がきれいになってくると自然にテンションも上がるので、
同時にその後の大掃除にやる気が加わって効率も上がっていきますよ。

 

大掃除で整理整頓をして気持ちのいい年末を!

年末の大イベントのひとつである大掃除について、
掃除したほうがいい個所や順番などをご紹介してきました。

特に重点的にやるべき場所は、玄関や浴室、
キッチンやベランダなどの閉鎖的な空間です。

しっかり断捨離をしながら、整理整頓を心がけてピカピカにし、
気持ちよく年末を迎えられるようにしていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク