2015年一般企業の年末年始の休みはいつ?銀行や金融機関の休みも把握して備えを!

2015年一般企業の年末年始の休みはいつ?銀行や金融機関の休みも把握して備えを!

2015年も残すところ1ヶ月弱となりました。
となると待ち遠しくなるのが、年末年始のお休みです!

でも一般企業だと年末年始の休みっていつから始まるのか気になります。
多くの人が利用する金融機関に勤める人や公務員は、
どんな感じになるのでしょうか?

今回はそんな企業の年末年始休み期間についてご紹介したいと思います。

 

2015年一般企業の年末年始の休み期間

カレンダーの暦通りに休みを取る一般企業の場合、
年末年始の休みはどうなっているのでしょうか。

多くの場合は12月29日~1月3日までで、
仕事はじめは1月4日の月曜日からという企業が多そうです。

また、企業によっては12月26日~1月3日までという企業もあるようですね。
こちらはちょっと年末年始休みが増えて嬉しい感じです。

2015~2016年は、三が日が土日にかぶっているため、
少し損をしたなと思う人もいるかもしれません。

しかし、短くても6日間は休みがある予定なので、
年末年始休みには旅行など普段できないことをする絶好のチャンスですよ!
寒さに負けないでアクティブに行動したいですね!

旅行やお出かけをするなら年末年始は大変混み合いますので、
予約などは早めに、道中気をつけて出かけてくださいね。

 
スポンサードリンク

金融機関や公務員の年末年始の休みは?

公務員などの官公庁にお勤めの場合は、休みが法律で決められており、
12月29日~1月3日までが休み期間となっています。

カレンダーの都合で土日が絡んでくると少々長くなったりはしますが、
6日間は必ず休めるということになります。

サービス業など年末年始が関係ない職種からしたら、
非常にうらやましい状態ですよね。

では、金融機関についてはどうなっているのでしょうか?

金融機関は大手三大銀行やゆうちょ銀行は、
12月31日~1月3日までとなっています。

ATMも上記の期間は使うことができなかったり、
手数料が割高になっていることがありますから注意が必要です。

年末年始はつい忙しくて銀行の用事まで手が回らないことがありますが、
お正月バーゲンなどのために、
年末に入るまでにお金をおろしておくことをおすすめします。

 

銀行や金融機関の休みも把握して正月の備えを!

一般企業や金融機関、公務員の年末年始休みについてご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

一般企業や公務員は12月29日火曜日~1月3日日曜日まで。
大手三大銀行などの金融機関は12月31日木曜日~1月3日日曜日まで。

わたしたちもしっかり把握して、
お正月の日常生活に支障が出ないようにしておきたいですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク