夏の冷え性の改善方法!食材や入浴で体を内側から温めよう!

夏の冷え性の改善方法!食材や入浴で体を内側から温めよう!

最近は夏の冷え性で便秘外来に訪れる方が多いそうです。

夏の冷え性は内蔵型冷え性が多く、
自覚症状がなくてやっかいなものです。

今回は、そんな夏の冷え性の改善方法をご紹介します!

 

夏の冷え性の原因と症状

夏の冷え性はお腹が冷たくなってしまうのが特徴です。

夏と言えば冷えた生ビール、冷やし中華、かき氷など、
体を冷やす食べ物が多いですね。

こういった体を冷やす食べ物が原因となり、
胃や腸の血流量が少なくなって冷えてしまうのです。

これは内蔵型冷え性と呼ばれるもので、
血流が悪くなった胃や腸は機能が低下し、
腹痛や便秘、下痢といった症状が現れます。

また、夏バテの症状でもある食欲不振や、
代謝が滞ることによって肩こり、だるさ、不眠
と言った症状まで出ることもあるようです。

胃腸の機能の低下は免疫力を落とす原因にもなりますので、
夏風邪をひきやすくなってしまうことも…。

ひどい場合はがんや心筋梗塞まで引き起こしたりするなど、
夏の冷え性は思っている以上に怖いものなんですね。

自覚症状がないので自分がそうなのかわかりにくいのですが、
朝起きたときにお腹を触ってみて、
お腹だけ冷たくなっていたら内蔵型冷え性の可能性があるそうです。

その他、平均体温が36.3℃以下の人も要注意です。

 
スポンサードリンク

夏の冷え性の改善方法

夏の冷え性を改善するには体を内側から温めることが大切です。

具体的な改善方法は以下の通りです。

①体を冷やす食べ物を避ける
②ぬるめのお湯にゆっくりつかる
③冷房が効いた部屋でお腹を冷やさない

①体を冷やす食べ物と言えば、かき氷などのイメージがありますが、
キュウリやなすなどの夏野菜にも注意が必要です。

夏野菜には体を冷やす効果があるものも多いため、
夏の冷え性になっているときには、
残念ですが食べるのは避けたほうがよさそうですね。

逆に、にんにくやかぼちゃ、ニンジンなど、
体を温める食材はオススメです!

②夏はシャワーのみで済ませてしまう方も多いと思いますが、
体を温めるために夏の入浴は大事なものなのです。

ぬるめのお湯にゆっくりつかって、体を芯から温めてください。

③家や職場のオフィスでは冷房が効いている場所が多いですが、
特に夏の冷え性の方は腹巻きをするなどして、
お腹を冷やさない対策をしておくことが重要です。

以上のような改善方法をすることによって、
胃腸の血流も良くなり、夏の冷え性の解消や対策ができるかと思います。

ウォーキングなどの適度な運動も冷え性の改善に効果的ですので、
実践できる方は試してみてください!

 

その夏バテは冷え性かも…

夏の冷え性の症状は夏バテとも似ています。

もし夏バテを感じているようでしたら、
一度夏の冷え性になっていないか疑ってみるのもアリでしょう。

また、子供が下痢をしていたりなど同じような症状の場合も、
お腹が冷えている可能性がありますね。

そんなときは冷房の温度や食材に気をつけるなど、
家族みんなで冷え性の対策・改善をしていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク