七草粥を食べるのはいつ?春の七草の種類や栄養、食べ方と一緒にご紹介!

七草粥を食べるのはいつ?春の七草の種類や栄養、食べ方と一緒にご紹介!

年末年始の暴飲暴食で疲れたからだに優しいのが、
お正月が明けて食べる七草粥ですね。

私もよく春の七草がセットになっている、
「七草粥セット」を買って作るんですが、
優しいお味でホッとしますよね。

でも、春の七草ってみなさんご存知ですか?
私は、実はいままで良く知りませんでした。

そこで今回は、七草粥を食べる日についてと、
春の七草の種類をご紹介したいと思います。

 

七草粥を食べる日について

七草粥は、1月7日の朝に食べるのが一般的です。

1月7日というと、松の内という、
お正月飾りを片付ける日だと認識している人が多いかと思います。

でも、松の内に七草粥を食べるというのは実は間違いで、
正しくは古来中国から伝わった季節の行事である、
「人日(じんじつ)の節句」で食べるのです。

冒頭でもお話ししましたが、
良く「お正月で疲れた胃腸をいたわるため」と言われることがあります。

ですが、それは後付けで言われていることで、
本当は無病息災や豊作を祝って、
春の七草を食べるというのが正しい理由なんですね。

食べるタイミングですが、1月7日になったら朝に七草粥を食べて、
その後にお正月飾りを片付ける段取りが一番良いのかなと思います。

朝に食べる前には、歳神様に感謝してからいただくようにしたいですね。

 
スポンサードリンク

春の七草の種類や食べ方

それでは、春の七草の種類についてご紹介しましょう。

春の七草①:せり
血の巡りを良くして、冷えを予防する効果があります。
日本原産の緑黄色野菜です。

春の七草②:なずな
カロチンやカルシウムがたっぷり入っています。
別名ぺんぺん草と呼ばれています。

春の七草③:ごぎょう
咳や痰を鎮め、風邪を予防する効果が期待できます。

春の七草④:はこべら
お腹の調子を整えるだけでなく、産後の肥立ちを良くする効果もあります。

春の七草⑤:ほとけのざ
疲れた胃腸に良い効果があります。

春の七草⑥:すずな
かぶのことです。
ビタミンCが豊富で、お腹の中から冷えを予防して調子を整えてくれます。

春の七草⑦:すずしろ
大根のことです。
かぶと同じくビタミンCがたっぷり含まれていて、
風邪予防や胃腸の調子を整える効果があります。

続いて春の七草の食べ方です。

春の七草は、七草や好きな野菜を細かく刻んで、
生米と一緒に炊きます。
お好みで塩で味付けをしてシンプルにいただくのが良いですね。

我が家では時折卵でとじて食べています。
栄養分もプラスされるのでオススメですよ!

 

健康のためにも毎年いただこう!

七草粥には一年健康に過ごせるように、
また、食べ物に困らないようにとの願いが込められていたんですね。

春の七草にはそれぞれ栄養や効能まであって、
まさに健康になるための、からだに優しい食べ物です。

毎年忘れずに、1月7日は七草粥をいただきたいですね。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク