マイナンバー制度の通知カードの受け取り、住民票と現住所が違う場合や留守で受け取れなかったときはどうする?

マイナンバー制度の通知カードの受け取り、住民票と現住所が違う場合や留守で受け取れなかったときはどうする?

2015年10月から導入されるマイナンバー制度。

10月5日には通知カードが配布されることになっていますが、
配布先は住民票の住所になります。

では、現住所が住民票と異なっていた場合、
通知カードの受け取りはどうなるのでしょうか?

 

マイナンバー制度の流れ

様々な手続きや管理をするマイナンバー制度において、
通知カードの番号は非常に大切なものになります。

まず、マイナンバーの受け取りは下記のような流れです。

①2015年10月に住民票の住所に簡易書留で通知カードが届く
②個人カード申請やスマホアプリで個人番号カードの申請
③市区町村からのはがき、通知カード、身分証明書を持って窓口へ
④2016年1月以降に個人番号カード発行

マイナンバー制度では通知カードの通知後、
個人番号カードを発行することとなります。

最初に届く通知カードは紙のカードですが、
申請後の個人番号カードはICチップの入った
プラスチック製のカードになります。

ただ、プラスチック製の個人番号カードは、
必ずしも申請しなければいけないわけではありません。

カードの管理が難しい子供やお年寄りの場合は、
申請をせずに通知カードのみ利用するという方法もあります。

この際、個人番号カードが必要な申請する場合などは、
通知カードの番号や住民票の番号と、
免許証やパスポートなどの写真つきの身分証明書が必要になります。

 
スポンサードリンク

通知カードの受け取りについて

マイナンバー制度が始まると、
通知カードの受け取りをしなくてはなりません。

通知カードは、2015年10月5日に住民票に登録してある住所に届きます。

このとき、引越したばかりで住民票を移していない場合などで、
現住所が住民票と違う場合は受け取ることができません。

また、マイナンバーの通知カードの配布は、
転送不要の指定で送られるため、
郵便局の転送サービスも利用できません。

ですので、通知カードが配布される10月5日までには、
必ず住民票の住所を現住所に移すようにしましょう。

その他、家を留守にしていた場合は再配達を利用するかと思いますが、
再配達の期間は7日間となっています。

この期間を過ぎてしまった場合は受け取れなくなってしまうので、
そうなってしまったら各市区町村の窓口に相談してください。

 

まずは通知カードを確実に受け取ること

マイナンバー制度の導入はある意味、
国民全体が強制的に参加させられるものでもあります。

ですが、その手順や利用方法について、
事前にしっかりした場所で説明を聞いたり、
講習を受けたりしている人は少ないでしょう。

ですので、最初は多くの方が混乱すると予想されます。

通知カードの受け取りに関して言えば、
住民票と現住所に違いがある人や郵送で受け取れない人が、
多数発生すると見られています。

マイナンバー制度においては通知カードの番号が最も重要ですので、
まずは、通知カードをしっかりと受け取れるようにしましょう。

~マイナンバーの関連記事~
マイナンバー制度で副業や預貯金がばれる!?その対策の案も多数考えられていた!
マイナンバー・簡易書留の受け取り、不在で再配達する場合の期間や対応方法は?

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク