マイナンバー制度で副業や預貯金がばれる!?その対策の案も多数考えられていた!

マイナンバー制度で副業や預貯金がばれる!?その対策の案も多数考えられていた!

国民一人ひとりに個人番号を振って、
税や社会保健などの管理を行うマイナンバー制度。

申請への手続きや脱税防止などの効果がある反面、
このマイナンバー制度の導入によって、
副業がばれたり、預貯金が知られるのではという疑問もあります。

今回は、マイナンバー制度と副業や預貯金について、
見ていきたいと思います。

 

マイナンバー制度の導入で副業がばれる?

マイナンバー制度の導入で心配されるのが、
副業がばれるのではないかという点ですね。

昨今、会社からの給与のみでは生活できず、
副業を始める人が増えています。

ですが、副業を禁止する会社も多く存在するため、
副業がばれないように工夫している人が多数でしょう。

これまでは、日雇い労働や水商売といった仕事では、
身元を隠して働くことができました。

しかし、マイナンバー制度が導入されると、
給料や報酬をもらうときにマイナンバーが必要になります。

そして、会社は税務署に支払調書を提出するときなどに、
マイナンバーも提出する必要があります。

複数の会社から給料を得ていると、
住民税が会社の想定よりも大きくなり、
これで副業がばれる可能性もあります。

 
スポンサードリンク

マイナンバーを不正利用されると預貯金も知られる

マイナンバー制度で多くの方が疑問に思うのが、
自分の預貯金が他人に知られるという点もあります。

マイナンバー制度の導入は税制度の透視と、
社会保障の公平と言われていますね。

税務署と社会保険事務所、行政機関をまたいで、
個人の情報を管理できるため、
正確な所得や納税額が把握されます。

そして、収入も把握されるため、
生活保護の不正受給問題の解消へとつながることが期待されます。

また、数年後には金融機関の口座にも、
マイナンバーを導入する案もあり、
より脱税防止の強化がされるという効果があります。

一方で、マイナンバー制度の導入によって、
個人の収入や口座情報を把握されることになるため、
不正利用されれば他人にそれらを知られる危険性もあるのです。

アメリカではすでになりすまし問題が発生しており、
他人のマイナンバーを不正入手することで、
多額の金額をだまし取るという事件もあったようです。

マイナンバーで便利になる反面、
そういった事件への対策もきちんとしてほしいですね。

 

副業をばれないようにする対策など

マイナンバー制度の当面の疑問としては、
副業がばれるかどうかが多いと思います。

副業している人は会社からの収入では足らない人が多いため、
禁止されると生活が苦しくなるという人もいるでしょう。

副業がばれないようにする対策のひとつに、
確定申告用紙の第二表にある住民税の徴収方法の選択の、
自分で納入にチェックを入れるようにします。

すると、副業分の住民税の納付書は自宅に送られるようになり、
会社に通知されなくなります。

こういった対策方法はこれから多く提案されるでしょう。

もちろん、会社が副業を禁止している以上、
自己責任となってしまいますが、
マイナンバー制度の導入の対策は色々と検討してみましょう。

~マイナンバーの関連記事~
マイナンバー制度の通知カードの受け取り、住民票と現住所が違う場合や留守で受け取れなかったときはどうする?
マイナンバー・簡易書留の受け取り、不在で再配達する場合の期間や対応方法は?

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク