MEGA地震予測の村井教授、9月に南関東で地震が起こるという予想が当たり話題に!

MEGA地震予測の村井教授、9月に南関東で地震が起こるという予想が当たり話題に!

2015年9月12日の午前6時頃、
南関東で震度5弱の地震が発生しました。

この地震で大きな被害が出たというニュースはありませんが、
突然のことで驚かれた方も多かったでしょう。

ですが、この地震が発生することを
MEGA地震予測の村井俊治(むらいしゅんじ)教授は
事前に9月に南関東で地震が起こることを予想できていたようです。

 

村井教授の9月に南関東で地震が起こるという予測について

MEGA地震予測とは、まぐまぐやniconico、foomiiが、
地震予測を配信するサービスです。

月額は216円となっており、メールマガジンやブログで
地震予測の情報を発信しています。

一番重要なのは、その地震予測が正しいかどうかですが、
配信元は東京大学の名誉教授である村井俊治氏であり、
専門家の分析から来ているものとなっています。

村井教授は2000年に東京大学を定年退職し、
現在は名誉教授となっている方です。

2013年には日本測量協会の会長にも就任し、
現在も地震予測などの活動を続けています。

今回9月12日に起こった地震に関してですが、
村井教授は以前から9月に南関東で地震が起こることを予想していました。

そのことに関して、村井教授のツイートがあります。

これに対しての意見は賛否両論でした。

賛同している方の意見としては、
例えば村井俊治氏の予測は間違いなく、
これからも地震予測を続けてほしいという声などです。

一方、否定的な意見としては、
地震の発生した位置や大きさは発言した箇所から外れており、
当たったとは言えないのでは?という声など。

 
スポンサードリンク

村井教授への否定的な意見について

村井教授のツイートを見ると料理やお菓子についてなどのつぶやきが多く、
意外にも地震速報のツイートが少なくなっています。

このことについて村井教授は、2015年の8月12日に
下記のようなツイートをしています。

どうやら村井教授の地震速報については、
良くも悪くもまわりに影響を与えすぎてしまうのでしょうね。

否定的な意見で多いのは専門家による声ですが、
専門家でない人たちが「予測が当たる」と感じることと、
専門家にとって「予測が当たる」ことは違うようです。

一般人から見ると、地震予測はあくまで予測なので、
大体当たっていればいいという感覚ですが、
専門家からすればもっと正確で、根拠のあるものを求めている気がします。

もちろん、地震が起こることを完全に予測できることは理想ですが、
何の予報もなしに大地震が起こる現状を見ていると、
まだまだ難しいのではないでしょうか。

地震速報は天気予報のようにいつも、どこでも報道されるものではないので、
興味のある方は村井教授のMEGA地震速報を試してみるのもいいかと思います。

ちなみに、現在MEGA地震速報で警戒しておいたほうが良いとされる地域は、
下記の5つのようです。(南関東以外の地域)

①北海道釧路・根室・十勝・浦河
②奥羽山脈
③北信越・岐阜
④南海・東南海(四国南部、紀伊半島南部など)
⑤南西諸島(奄美大島、石垣島周辺など)

 

地震速報はまだまだ信頼性が低い

上述の通り、地震速報の信頼性はまだまだ低いようです。

天気予報は地震予測とは比べ物にならないほど信頼性が高いですが、
少しでも外れれば非難の対象となります。

そのことを考えると、地震速報を天気予報なみに報道するには、
まだまだ時間が必要のようです。

ですが、専門家の方々にはより一層研究を重ねてもらい、
いつか地震におびえることなく暮らせる日が来るといいですね。

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク