むくみ腸の治し方は食事だけでなく運動も重要だった!腸を活発にする方法とは?

むくみ腸の治し方は食事だけでなく運動も重要だった!腸を活発にする方法とは?

女性の死亡率のトップは大腸がんと言われており、14人に1人が診断されているそうで、
腸は女性にとって気になる臓器の一つです。

便秘が続くと血液が滞って腸がむくみ、これが「むくみ腸」と呼ばれています。
むくみ腸になると免疫力が下がったり吹き出物が増えたり、
マイナス思考になったりすることもあるそうです。

 

むくみ腸の治し方は?

食の欧米化によって肉類を摂取することが多くなってきていますが、
便秘やむくみ腸は野菜中心や善玉菌を意識した食生活を送る人でも悩む人が多いです。

その理由は食生活が悪いからだけではなく、
腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の低下にある場合が多いそうです。

蠕動運動とは臓器の収縮運動のことで、臓器の内容物を移動させる役割があります。

バランスのよい食生活を送ることはもちろん大事なのですが、
まずは腸の活動を活発にしていく必要があるのです。

 
スポンサードリンク

具体的な方法

むくみ腸を改善するための具体的な方法をご紹介します。

朝食を取る習慣

腸の活発化には朝食を取ることが効果的で、
何か一つでもいいので朝食を取る習慣を身につけると良いそうです。

腸を刺激する運動

お腹をつかんで骨盤をまわすことによって腸の蠕動運動を促すことができます。
朝起きた時や合間の時間で伸びをすることも効果的です。

腸内環境を整える食事

ヨーグルトなどの善玉菌を増やす食べ物や食物繊維の多い食事も心がける必要があります。
ただ、善玉菌ばかり増えすぎても良くないのでバランスが重要です。

腸の蠕動運動やバランスの良い食事などは即効性があるものではないので、
日々の積み重ねが大切になってきますね。

 

背伸びしないで続けることが大事

むくみ腸の治し方としていくつかの方法をご紹介しましたが、
内臓はストレスに弱いので、ストレスやプレッシャーを感じすぎず、
できることから続けていくことが大事だそうです。

ストレスを感じたときは深呼吸をしたり、
運動ができないときは腸のマッサージで補ったりすることも効果があります。

蠕動運動の低下は特にデスクワークの方に多いそうなので、
便秘気味だと感じているのであれば腸の運動を始めてみてはいかがでしょうか。
 

スポンサードリンク