桃の節句の料理、離乳食でオススメのものは?季節感を出して楽しい日に!

桃の節句の料理、離乳食でオススメのものは?季節感を出して楽しい日に!

3月3日は女の子の特別な日、桃の節句です。

女の子のいる家庭では家にお雛様を飾ったり、
ちょっと特別な料理を並べたりと、家全体が明るくなる日でもあります。

でも、桃の節句にはどのような料理を並べていけば良いのでしょうか?
また、子供がまだ小さくて離乳食を食べている場合は、
どのように特別感を出せば良いのかも迷うところです。

そこで今回は、桃の節句の料理についてとオススメの離乳食をご紹介します。

 

桃の節句の料理について

それでは早速、桃の節句に食べられている料理と、
その理由を順番に説明していきたいと思います。

■ちらし寿司
桃の節句といえばちらし寿司、というくらいメジャーなメニューですよね。
我が家でも桃の節句には毎年ちらし寿司が食卓に並んでいました。

ちらし寿司が食べられる理由は明らかになっていないのですが、
とにかく見た目が華やかで、女の子のイベントにはピッタリでしょう!

また、ちらし寿司に良く飾られている海老やレンコンなどにも、
しっかりそれぞれに縁起の良い意味が込められているんですよ!

・海老…腰が曲がるほど長生きできるように長寿の願いが込められています。
・レンコン…穴が空いていることから、将来の見通しが立つという意味があります。
・菜の花…春らしさを強調した代表的な春の食材です。

■はまぐりのお吸い物
はまぐりのような二枚貝は、
お互いにピッタリ大きさが揃わないと成立しないですよね。

このことから、一生一緒に添い遂げられるパートナーが見つかりますように、
との願いが込められています。
なんだか素敵ですよね!

 
スポンサードリンク

桃の節句の離乳食でオススメのもの

桃の節句で雛飾りに飾られるもののひとつとして、
「ひし餅」がありますね。
そう、あのひし形で赤、白、緑の三色が並んだお餅です!

桃の節句の離乳食は、そんなひし餅にちなんだ、
カラフルなメニューにしてみてはいかがでしょうか?

まず、緑はほうれん草やブロッコリーを使っていきます。
離乳食初期ならこれらの具材をドロドロに裏ごしして潰しましょう。
中期なら細かく潰し、後期なら粗みじん切りにしていきます。

赤はにんじんで鮮やかなオレンジ色にしていきましょう。
潰し方などは緑の食材と同じように進めていきます。

これらを、離乳食の進み具合に合わせたおかゆやごはんと混ぜて、
カラフルなごはんを作っていきます。
白は普通のおかゆやごはんでオッケーです。

これを丁寧に赤、白、緑の順番にお皿に盛り付けていきます。
これでひし餅風栄養満点離乳食の完成です!

 

桃の節句は季節感を出して楽しく!

今回は桃の節句の料理や離乳食についてご紹介してきましたが、
桃の節句に並ぶ料理にはきちんとした縁起の良い意味があります。

個人的にはまぐりのお吸い物の意味には感動しました。

離乳食も、桃の節句らしく、
ひし餅をモデルにしたメニューの作り方をご紹介してきましたので、
ぜひお試しください!

女の子にとって特別な日である桃の節句。
季節感を出しながら楽しく過ごしましょう♪

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク