使い捨てマスクは再利用できる?数回使ったときの注意点とは!?

使い捨てマスクは再利用できる?数回使ったときの注意点とは!?

風邪をひいたとき、または風邪を予防するときに便利な使い捨てマスク。

最近では肌の乾燥対策や寒さ対策、
はたまたスッピン隠しなど幅広い用途で使用されています。

でも、使い捨てマスクというからには、
1回使ったら捨てなくてはならないのでしょうか?

そこで今回は、使い捨てマスクを再利用できるのかという点、
また再利用する際の注意点をご紹介します。

 

使い捨てマスクは再利用できるか?

実は使い終わったマスクには、
目に見えないウイルスや細菌がたくさんついているのです。

そのため、正しいマスクの使い方としては、
使い終わったら耳にかけるゴムの部分をつまんでそっと外し、
そのままビニールに入れてゴミ箱に入れるという方法なのです。

でも、1回ごとにマスクを新しいものに変えていたら、
お財布が持ちませんよね(笑)

そのため、わたしは正直マスクは3日くらい続けて装着してしまっています。
本当はマスクの効果的にはNGなんでしょうけれど、
防寒対策にもなりますし乾燥も防げますから十分です。

ただし、使いまわしたマスクに細菌やウイルスを防ぐ力はない、
と考えておいたほうが良いでしょう。

風邪予防などでマスクを装着する場合は、
きちんと1回ごとに新しいものを付けるようにしてくださいね。

 
スポンサードリンク

再利用するときの注意点

では、再利用する際に注意点はあるのでしょうか?

できれば一度使ったマスクは連用せずに、
一度天日干しをして除菌をしたほうが良いということがあげられます。

また、マスクに振りかける除菌スプレーなんかも売られていますよね。
あれはマスクを使いまわしするのには欠かせないアイテムです。

そして、女性の方は特に、鼻の部分に化粧が付きやすくなっています。
化粧がついてしまったマスクは、
もう一度使おうとすると肌荒れの原因になりますし、装着を避けてください。

とはいいつつも、化粧をした状態でマスクをすると、
どうしてもマスクについてしまうものなんですけどね。

なるべく使いまわしするマスクは清潔な状態を保たせたいので、
マスクをする際は濃い化粧は避けるようにしましょう。

 

マスクは毎日新しいものを付けることが基本

マスクの再利用について説明してきましたが、
わたしのようにあまりよくないと思いつつも何度も使っている人、
多いのではないでしょうか?

大袋入りのものだったら1回ごとに取り換えるのですが、
1袋400円位するマスクはそう簡単には処分できないですよね。

化粧が付きにくく、何回か使いまわしできる安いマスクが、
早く販売されないかと思ってしまいます。

でも、結局のところ感染症対策には、
毎日新しい清潔なマスクをつけるのが一番なのでしょう。

もし、マスクの再利用したいという場合は、
衛生面に気をつけてご利用ください。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク