慢性腰痛の治し方に「脳のリハビリ」!腰の痛みは心の状態と関連していた!

慢性腰痛の治し方に「脳のリハビリ」!腰の痛みは心の状態と関連していた!

日本人の4人に1人が悩んでいると言われる腰痛。
その内の約半数が患っているとされるヘルニアなどの慢性腰痛は、
心の状態と深い関わりがあるようです。

 

慢性腰痛は幻の痛み?

多くの人が患う慢性腰痛の原因は不明のままで、
治療法が確立されていないのが現状です。

しかし、カナダのマギル大学の最新研究によると、
慢性腰痛患者の多くは、脳内のDLPFCと呼ばれる部分が
減少しているという傾向があるそうです。

このDLPFCには痛みの感覚を鎮める機能があるのですが、
慢性腰痛を患う人はこの働きが低下し、
医学的にヘルニアなどが治っても痛みが鎮まらないようなのです。

つまり、痛くないはずなのに痛いと感じてしまう、
いわば幻の痛みを感じているのだと言います。

そして、DLPFCの機能を低下させてしまうのが、
強い恐怖心や不安と言ったメンタル的な要素であり、
慢性腰痛は患者の脳や心の状態と深い関わりがあるようです。

DLPFCの機能が低下しやすい人は真面目で几帳面な方が多く、
精神的なストレスの影響を受けやすい人という傾向もあるようですね。

 
スポンサードリンク

慢性腰痛を改善する「これだけ運動」

慢性腰痛の原因がメンタル的な要素であるため、
脳のリハビリをすることによって改善する可能性があるそうです。

その脳のリハビリをするには1回3秒の「これだけ運動」がオススメで、
NHKスペシャルでも紹介された方法です。

①足を肩幅よりやや広めに開く
②おしりに両手をあてる
③息を吐きながらゆっくりと状態を反らす
④状態を反らしたまま3秒ほど保つ

「これだけ運動」は背骨や椎間板のリハビリ効果もありますが、
腰を伸ばしても大丈夫という「脳のリハビリ」効果もあるようです。

この運動を70人の方に1日1回、2週間に行ってもらったところ、
半数近い32人の方が、腰痛が改善したと報告したそうです。

実践する場合は1日1回に限らず何度行ってもよく、
反らすときは痛気持ちいいくらいまで反らします。

ただし、腰から膝にかけてしびれが出る場合は中止しましょう。

 

真面目な人ほど腰痛になる?

身の回りを見ると、腰痛に悩む方は本当に多いですね。

今回の調査結果にもあったように、
真面目な人ほど腰痛に悩んでいるような気がします。

ストレスが腰痛に関連しているかもしれないとわかっただけでも、
少し気が楽になるかもしれません。

ご紹介した「これだけ運動」は、すべての人が改善するとは限りませんが、
腰痛に悩んでいるならば試してみる価値はあるのではないでしょうか?

~関連記事~
腰痛に効く湿布・成分は?よく効く市販の湿布薬もご紹介!

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク