レモンの栄養や効果・効能は?美肌だけでなく疲労回復の成分も豊富な食材!

レモンの栄養や効果・効能は?美肌だけでなく疲労回復の成分も豊富な食材!

考えただけで酸っぱい気分になって唾液が出てくるレモン。

私は紅茶にレモンを浮かべて飲んだり、
レモンとはちみつでレモネードを作ったりします。
風邪の時には、はちみつレモンもいいですよね!

今回は、そんなレモンについて栄養や、
効果・効能についてご紹介したいと思います。

 

レモンの栄養について

まず、レモンが美肌に良いというのは、
なんとなくご存知の方が多いのではないでしょうか?

その源は、ズバリ!ビタミンCです。
レモン100gに対してなんと50mlものビタミンCを含みます。
その量は柑橘系の果物の中でもトップクラス!

また、レモンの酸っぱさのもとであるクエン酸も多く含まれています。
ビタミンCとクエン酸、このふたつで気分をリフレッシュできるため、
運動選手にも愛用されているんですね。

料理に使うのもよし、絞って飲み物にするのもよし、
様々なシーンで使うことができるので、
レモンは「果物」よりも「食材」として利用することができます。

私は唐揚げや魚料理の付け合わせにもよく使います。
カツオのお刺身にレモンを添えれば生臭さを取ることができますよ!

 
スポンサードリンク

レモンの効果・効能

では続いて、レモンの効果や効能についてご紹介しましょう。

効果①:美肌効果
言わずと知れた、ビタミンCによる効能です。
ビタミンCはメラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ効果があります。
また、レモン自体に漂白をする効果があるので、
肌を優しくレモンでこすることによって美白効果もあります。

効果②:二日酔い改善
レモンに含まれるビタミンCには肝臓のはたらきをサポートする効果があり、
同時に解毒作用もあるため、お酒の後はレモネードがオススメです。

効果③:疲労回復
レモンに多く含まれるクエン酸には、疲労回復を促すはたらきがあります。
クエン酸が体内でエネルギーに換わり、疲労物質を溜めないようにします。
スポーツ選手の中にはレモン丸かじりをする人もいるのだとか!?

効果④:口臭・歯の黄ばみを改善
先ほども説明しましたが、レモンには漂白作用があります。
加えて消臭効果もあるので、オーラルケアにはぴったりなんですね。
レモンの皮を歯に擦り付けるようにしてマッサージすれば、
歯が白くなっていきます。

 

主婦にもありがたい疲労回復効果!

レモンには美白効果以外にも、意外な効果や効能がたくさんありましたね!
中でも注目したいのは、レモンの疲労回復効果です。

日々育児や家事、仕事で忙しくしている主婦にとって、
疲労回復は非常にありがたい食べ物ですよね。

クエン酸はスポーツ選手も摂っている栄養ですので、
レモンも疲労回復の効果があるのでしょう。

食事に添えたりレモネードなどにして飲んでみたりして、
レモンの効果を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク