2015年国勢調査・インターネット回答のIDとパスワード配布方法にセキュリティ面の懸念の声が挙がる!

2015年国勢調査・インターネット回答のIDとパスワード配布方法にセキュリティ面の懸念の声が挙がる!

日本国民全員に回答する義務がある国勢調査。
一世帯に一つ、回答する必要があります。

国勢調査は5年に1度行われ、
今年2015年はその調査年にあたります。

そして、2015年の国勢調査からインターネット回答が開始され、
スマホやパソコンから回答することができるようになりました。

 

国勢調査インターネット回答のIDとパスワード

国勢調査をインターネット回答するためには、
調査対象者IDとパスワードが必要です。

この調査対象者IDとパスワードは各世帯に封筒で配布され、
封筒の中の用紙に記載されています。

その封筒が下記のようなものになります。

そして、その調査対象者IDとパスワードは、
インターネット回答サイト「http://www.e-kokusei.go.jp/」の
下記の画面で使用します。

国勢調査インターネット回答サイトのログイン画面
国勢調査03

調査対象者IDとパスワードの配布期間と、
インターネット回答期間は以下の通り。

・9月10日(木)~9月12日(土) ・・・ 調査対象者IDとパスワードの配布期間
・9月10日(木)~9月20日(日) ・・・ インターネット回答期間

回答期間は10日しかないため、
早めに回答しておいたほうがいいですね。

もしこの期間中に回答できなかった場合は、
従来通り調査票にて回答することとなります。

・9月26日(土)~9月30日(水) ・・・ 調査票の配布
・10月1日(木)~10月7日(水) ・・・ 調査票の提出期間

調査票は調査員から配布され、
回答後は調査員に渡したり、郵送したりしなければならないため
インターネット回答に比べると少し手間がかかってしまいます。

回答方法については下記の記事に記載しておりますのでご参照ください。

~国勢調査インターネット回答の関連記事~
http://www.e-kokusei.go.jp/ 国勢調査の回答方法を簡単に説明します。
2015年、国勢調査を拒否の罰則や罰金について確認!近年は回答率が下がっている傾向!?

 
スポンサードリンク

セキュリティ面で懸念する声も・・・

今年2015年は国勢調査がインターネット回答できるようになり、
簡単で便利になったいう意見も多く挙がっています。

しかしその一方で、期間やセキュリティ面で不満があったり、
心配だと懸念するいう声もあるようです。

IDやパスワードが盗まれてしまうことによって、
正しい回答ができなくなります。

それによって個人的な被害があるわけではないですが、
あまり良い気持ちはしないですよね。

それに、こういったセキュリティの甘さは、
私たちが正しい回答した後にちゃんと管理されるのか心配にもつながります。

ちなみに、インターネット回答後の情報については自分でパスワードを設定するため、
そのパスワードが盗まれて解析されない限りは、
第三者から情報を閲覧される危険性は低くなっています。

~国勢調査のセキュリティについての関連記事~
国勢調査の偽サイトの見分け方はアドレス(URL)に注意!悪意のあるサイトの目的や被害を知るきっかけにも!

 

今後問題が発生しないか?

2015年の国勢調査はインターネット回答ができるようになって便利になりました。

これによって、これまで各世帯をまわっていた調査員の負担も減らし、
私たち回答者の手間もだいぶ減ったかと思います。

ただ、課題としてはインターネット回答に対する国民の知識と、
その情報を守るセキュリティが挙げられそうです。

今のところまだ大きな問題は発生していないようですが、
今後インターネット回答で何かしら問題が出る可能性があります。

インターネット回答がうまくいったのかどうか、
国勢調査結果が出るまで注目していきたいと思います。

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク