子供が自転車の練習をする年齢や良い場所は?適した箇所を見つける3つのポイント!

子供が自転車の練習をする年齢や良い場所は?適した箇所を見つける3つのポイント!
スポンサードリンク

子供が自転車に乗りたがった時はすぐに乗れるわけではなく、
当然しばらく練習をしなければなりません。
そこで必要なのは転んでしまったり思いっきり走ったりできるスペースです。

わたしはマンションの敷地内で練習していたのですが、
一軒家の場合はどうしたら良いのでしょうか。

今回は子供がいつごろから自転車を乗り始めるのか、
練習するのに良い場所などをご紹介していきたいと思います。

 

子供が自転車を乗り始める年齢

自転車といっても補助輪が付いているものと付いていないものとありますよね。

補助輪が付いている自転車は、
一般的に年齢が2歳から乗り始めることができるものが多いです。
ですので、2歳を過ぎてから自転車の練習をやり始めると良いですよ。

また、練習を始めるときは子供が興味をどれだけ持っているか、
怖い気持ちはないかなども考慮するといいですね。

子供の体の大きさも自転車を始める重要な条件です。
自転車を買う前に、ペダルのない自転車であるストライダーを買って、
慣れてからという手もあります!

これは自転車に対する恐怖心を取ってくれるので、
なかなか有効な方法だと思います。

次に補助輪が付いていない自転車ですが、
これは子供によってかなり差がひらいてしまいます。

早い子は3歳くらいで乗れますし、
遅い子は小学生になるまで補助輪が外れないという子もいますよ。

どちらが悪いということではなく、
子供のペースに合わせて無理なく練習していくのが一番良い方法です。

 
スポンサードリンク

練習をするのに適した場所は?

自転車の練習場所はどのようなところが良いのでしょうか?
練習場所を選択する3つのポイントをご紹介します!

ポイント1:平坦な道
自転車を練習するのに坂道があるとなかなか進むものも進みませんよね。
平坦な道で、まずは自転車と体がシンクロするようにバランス感覚を覚えていきましょう。
平坦な道だとブレーキも効きやすいのでスピードが出すぎる心配もありませんよ。

ポイント2:アスファルトの上
デコボコのなるべくないアスファルトが一番自転車の練習場所に適しています。
ただ転ぶと痛いので、ヘルメットと膝当て肘当てを忘れずに装着してくださいね。
多少の傷は勲章ですよ!(救急箱もお忘れなく。)

ポイント3:なるべく車が来ない場所
もしかしたらこのポイントが一番重要かもしれません。
自動車がくるとどうしても自転車の練習を中断しなければならなくなります。

また転んだときなど非常に危ないですよね!
なるべくなら車通りが少ない場所を選ぶようにしましょう。

これらをまとめると、住宅街の角などが一番てきしているのかなと思います。

 

自転車を乗る年齢や最適な場所を理解して安全第一で!

さて、ここまで子供の自転車の練習についてご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

ここでわかりやすくまとめてみると、
・補助輪付き自転車は年齢2歳から
・補助輪なし自転車は個人差がある
・練習場所は平坦な、アスファルトの車が来ない道が最適

このようになります。
安全第一で自転車の練習を楽しくおこないましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク