子供の歯磨き粉はいつから?目安はうがい、しっかり教えて最適な歯磨きを!

子供の歯磨き粉はいつから?目安はうがい、しっかり教えて最適な歯磨きを!

子供の歯磨きの際、まだ小さいうちは、
歯ブラシに何もつけないで磨いて、
最後に白湯を飲ませて歯の清潔を保ちますよね。

ですが、いずれは歯ブラシに歯磨き粉をつけて、
歯磨きをするようになります。

そこでひとつ気になったのが、
子供はいつから歯磨き粉を使って歯を磨けるのかということです。

今回は、そんな子供の歯磨き事情についてご紹介したいと思います。

 

子供に歯磨き粉を使わせる時期

歯磨き粉を使うということは、これを洗い流さなければなりませんから、
「うがい」ができる年齢にならないと歯磨き粉を使うことができません。

洗い流さなくても良い歯磨き粉もありますが、
子供の体に入るものだから少し心配ですよね。

うがいは一般的に2歳くらいになったら少しずつ練習をしていきます。

歯磨きをしてたまった唾液を、
今まで飲み込むことしかできなかったのを、
「吐き出す」ことを教えていきます。

うがいが上手にできるようになる目安は個人差が大きいので、
年齢で見るよりもしっかりとうがいができるようになってから、
子供用の歯磨き粉を少しだけ使うようにしてみると良いでしょう。

うがいの練習は、ちょっと口に水を含ませてみて、
飲み込まないで吐き出すということができるように、
実際にお母さんが吐き出してみせてマネさせる方法が効果的かと思います。

急がずにちょっとずつ覚えていければよいので、焦らせないでくださいね。

 
スポンサードリンク

子供用の歯磨き粉の選び方

子供用の歯磨き粉の選び方についてですが、
子供用の歯磨き粉のうたい文句に、
「フッ素加工で虫歯予防!」なんて書かれている場合が多いと思います。

これはフッ素が虫歯を防ぐ効果があると証明されているからなんですね。
薬用の歯磨き粉には、だいたいフッ素が含まれていますので、
パッケージを見てみてください。

しかし、フッ素の使用は歯医者さんの間でも評価が分かれている事柄で、
判断はお母さんに任されているような状態なんですね。

フッ素を活用することももちろん大事ではあるけれど、
やはり一番大切なのは食後にしっかりと歯磨きをすることと、
ダラダラ食べをさせないこと、甘いものを控えることなどです。

規則正しく生活をさせて食生活に気を配っていれば、
必ずしもフッ素が必要というわけではなさそうですね。

ですので、フッ素加工にこだわりすぎず、
子供が気に入ったものを使っていくようにしていく方がいいかと思います。

 

生活習慣を守って最適な歯磨きを!

子供の歯磨き粉についてお話してきましたが、
歯磨き粉が使える時期というのは、
うがいがきちんとできる時期になってからになります。

また、選ぶ歯磨き粉は薬用のフッ素が配合されたものが良いといわれていますが、
一番は食生活と基本的な生活習慣を守らせることの方が重要です。

歯磨きは大切な歯を守る上で重要なことですので、
やりかたをしっかりと教えてあげて、
お気に入りの歯磨き粉と使って最適な歯磨きができるようにしていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク