子供にフケが出る原因や治療方法は?2種類のフケ、それぞれの対処法の違いに注意!

子供にフケが出る原因や治療方法は?2種類のフケ、それぞれの対処法の違いに注意!

毎日子供にシャンプーをしてあげているのに、
なんでこんなにフケが出てしまうのだろう?

フケは基本的にマイナスイメージですし、
お子さんのフケについて悩むお母さんは多いと思います。

でも安心してください、子供のフケは原因さえわかれば、
しっかり治療できるものなのです。

今回は子供にフケが出てしまう原因から治療方法まで、
一気にご紹介していきます!

 

子供にフケが出る原因について

まず一口にフケと言っても、
フケには「乾性」と「脂性」の2つの種類があり、
それぞれ発生原因や治療方法が異なります。

脂性フケの原因は皮脂が豊富な頭皮で、
マラセチア菌というカビの仲間が繁殖しているせいで起こるものです。
特徴はベタッと指につくようなフケで、頭皮にまとわりついています。

子供は新陳代謝が活発なので皮脂が出やすい割に、
シャンプーのすすぎが不十分だったり、
頭を洗うの自体を嫌がったりしますよね。

そのせいでマラセチア菌が増えて、脂性フケが発生してしまうのです。

また、夜更かしなどで肌のターンオーバーが正常にはたらいていないときも、
皮脂がたまり脂性フケになりやすくなります。

一方、乾性フケはシャンプーのしすぎや、
洗浄力の強いシャンプーのせいで頭皮が乾燥し、
角質がはがれてしまった状態をいいます。

ポロポロと肩に落ちるようなフケが特徴で、
頭皮もパサパサと乾燥しています。

どちらも子供に見られるフケですが、
どちらかというと脂性フケの方が多いようです。

 
スポンサードリンク

子供のフケの治療方法

続いて、乾性フケと脂性フケの治療方法をご紹介します。

まず、乾性フケの場合についてですが、
毎日あまり頭を洗いすぎないようにすることがポイントです。

例えば2日に1回だけシャンプーを使って、
あとはお湯で洗うだけにするなどの工夫していきましょう。

また、シャンプーの成分にも注目してみると、
「ラウリル硫酸ナトリウム」という成分が入っている場合は、
洗浄力が強力となりますので、子供には少し強すぎるかもしれません。

一方、脂性フケの場合についてですが、
正しいシャンプーの仕方をしっかり子供に教えてあげることが重要となります。

・しっかりと髪を濡らして下洗いしてからシャンプーをつける
・シャンプーをつけたらよく泡立てる
・爪を立てることなく、指の腹で優しくマッサージするように洗う
・すすぎはシャンプー、コンディショナーともにしっかりとおこなう

シャンプーも歯磨きのように、丁寧にすることが大切です。
以上のことを伝えて脂性フケを予防していきましょう!

また、スナック菓子などからだに悪い脂が使われている食べ物は避けて、
野菜中心の食事に変えることでも効果が期待できます。

からだの内側からも、しっかりとフケをケアしていきましょうね!

 

からだの内と外からケアを!

今回は子供のフケの原因や治療方法をご紹介してきました。

フケには乾性フケと脂性フケがありましたが、
それぞれで原因も治療方法も違うので、
まずは子供がどちらのタイプのフケなのかを見極める必要があります。

フケの治療法法はシャンプーの際に注意することが多いのですが、
シャンプーや薬などの外的な治療方法だけでなく、
食生活を改めるなど内的な治療方法も合わせて試してみてください。

からだの内と外から、しっかりとフケをケアしていきましょう!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク