奇胎後hCG存続症の症状や治療法は?予後や生存率は良いため、適切な治療で治しやすい病気とも!

奇胎後hCG存続症の症状や治療法は?予後や生存率は良いため、適切な治療で治しやすい病気とも!
スポンサードリンク

元サッカー日本代表の大久保嘉人選手の妻・莉瑛さんが、
奇胎後hCG存続症という病気を患っていたことが明らかになりました。

奇胎後hCG存続症には抗がん剤治療が必要とのことで、
大久保嘉人選手と息子さんたちが勇気づけるために、
揃って坊主頭にしたことが話題になっていますね。

ところで、奇胎後hCG存続症とはあまり聞かない病気ですが、
どのような症状、治療法なのでしょうか?

 

奇胎後hCG存続症の症状

奇胎後(きたいご)hCG存続症は高齢の方に多い病気だそうで、
500人に1人くらいが発症するとも言われているようです。

奇胎後hCG存続症は絨毛性疾患・存続絨毛症の一種であり、
胞状奇胎(ほうじょうきたい)の治療後に発生することが多い状態です。

大久保嘉人選手の奥さんである莉瑛さんも、
2015年夏の流産後、胞状奇胎だったそうですね。

胞状奇胎とは胎盤の絨毛(じゅうもう)が水ぶくれを起こし、
ぶどうやイクラのようになってしまう病気です。

胞状奇胎になるとまずは胞状奇胎を除去する手術を行いますが、
手術後の管理も非常に重要になります。

経過観察には尿中のhCGという値を見て判断していきますが、
この値が基準より上昇してしまうと、存続絨毛症の可能性があるそうです。

これは侵入奇胎(しんにゅうきたい)や絨毛がんが疑われる状態であり、
病巣がはっきりしない場合は奇胎後hCG存続症と呼ぶこともあります。

奇胎後hCG存続症でも基本的には侵入奇胎と同様に扱われるそうで、
出血や腹痛といった症状も出ることもあるようです。

 
スポンサードリンク

奇胎後hCG存続症の治療法や予後について

上述の通り、胞状奇胎の手術後の経過でhCG値が上昇している場合、
侵入奇胎や絨毛がんの可能性があります。

侵入奇胎は子宮内に胞状奇胎の細胞が侵入してしまい、
腫瘍性病変を起こす病気だそうで、前がん状態とも見られるそうです。

奇胎後hCG存続症も侵入奇胎と同様の扱いをされることから、
侵入奇胎と同じような治療法が適用されることが多いようですね。

侵入奇胎や奇胎後hCG存続症の治療法には、
がんの治療にも使われる抗がん剤や放射線治療の効果があり、
抗がん剤を使うことが多くなります。

ちなみに、絨毛がんの5年後の生存率は下記のようになっています。

ステージⅠ:約90%
ステージⅡ:約80%
ステージⅢ:約65%
ステージⅣ:約30%

絨毛がんは脳、肺、肝臓、膣などへ転移しやすいようですが、
他のがんと比較すると生存率は高めとなっています。

侵入奇胎や奇胎後hCG存続症も転移の危険性はあるものの、
がんの発見が早い状態でもあるため比較的治療しやすい病気です。

奇胎後hCG存続症の予後も抗がん剤などで適切な治療をすれば、
良い方向へ向かうことが多いため、治すことは十分可能のようですね。

 

奇胎後hCG存続症は正常妊娠でも起こる病気

奇胎後hCG存続症は流産してしまった方だけでなく、
正常妊娠の方でも起こりうる病気だそうです。

発見が遅れてしまうと脳や肺などに転移してしまい、
事態が悪化してしまうこともあるのだとか。

心当たりのない出血があったり、少し体の調子が悪いと感じたら、
産婦人科で検査した方が良いかもしれません。

これから妊娠・出産を迎えるという方は、
奇胎後hCG存続症などの絨毛性疾患について、
少し知識を付けておいて損はないかと思います。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク