茨城県常総市の鬼怒川が決壊した場所を地図から確認!災害には早めの対策を!

茨城県常総市の鬼怒川が決壊した場所を地図から確認!災害には早めの対策を!

2015年9月10日、台風18号の低気圧の影響により、
記録的な大雨となった茨城県常総市。

その大雨により常総市の鬼怒川(きぬがわ)の堤防が決壊し、
大きな被害が出ました。

常総市の鬼怒川が決壊した場所について、
地図を見ながら確認していきたいと思います。

 

鬼怒川が決壊した場所について

鬼怒川は、茨城県常総市の真ん中を通るようにして流れる川です。

今回被害があったのは常総市の東側のため、
堤防が決壊したのも東側のようです。

堤防が決壊した当時の画像を、
内閣営巣情報センターが公開しています。

内閣衛星情報センターの衛星の画像(産経ニュースより)
鬼怒川の被害

画像によると、関東鉄道常総線の南石下駅の近くのようで、
その位置を地図で確認してみましょう。

鬼怒川の堤防が決壊したと見られる位置

上記の堤防が決壊した位置から鬼怒川の水が流れ込み、
常総市の北東部から南東部にかけて、
広範囲に被害が出てしまったようです。

また、常総市にはテレビの大家族番組で有名な石田さんちがあります。
石田さんちの状況も多くの人たちに心配されているようです。

~石田さんちの関連記事~
常総市の大家族・石田さんち、大雨も大丈夫との報告!なぜ鬼怒川の堤防は決壊したのか?
常総市の石田さんちの大家族、住所近くの水海道駅周辺も被害!隼司くんが浸水したという報告も!?
石田さんちの大家族、2015年現在の状況は?人気の大家族番組も今回で最終回?

 
スポンサードリンク

ソーラーパネルを設置するために削った箇所が原因?

今回鬼怒川の堤防が決壊した理由として、
ソーラーパネルを設置したするために堤防を削った箇所が
原因になっているのではという意見が出ています。

ソーラーパネルの位置

地図でソーラーパネルの位置を見ると、
堤防が決壊した位置からは若干北になります。

つまり、ソーラーパネルの位置から、
堤防が決壊したわけではなさそうですね。

ですが、この位置は周りの土地と比べて低くなっており、
ここから洪水につながっているのは確かのようです。

ソーラーパネルの設置は堤防の決壊に直接的には関与してなさそうですが、
この位置から水が流れ出したと考えると、
訴訟問題に発展する可能性もありますね。

~鬼怒川の堤防決壊の原因についての関連記事~
鬼怒川決壊の原因はソーラパネルではなく水位の上昇だった!市は事前に対策できなかったのか?

 

災害には早めの対策を!

鬼怒川の堤防の決壊は以前から予想されていたそうです。

そのため、堤防の改修を考えていたそうですが、
結局は改修する前に大損害となってしまいました。

これは、自治体の対応が遅れたとも見ることができますが、
住民の危機感がなかったとの意見もあります。

ですが、住民の危機感がないというのは、
これまで被害がなかったのですからしょうがない部分もありますね。

大事なのは、これを機にこれからどう対応するかだと思います。
常総市以外でも同じような状況の場所はたくさんあるでしょう。

災害によって被害が出る前に、早めに対策してほしいですね。

※台風20号が関東へ接近する可能性があるそうですので、引き続き注意が必要です。
2015年台風20号の最新進路をヨーロッパ・気象庁が発表!関東・東京に上陸の可能性も?

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク