結婚式のお車代の渡し方や金額の相場はどれくらいが一般的?知識をつけてスムーズに対応を!

結婚式のお車代の渡し方や金額の相場はどれくらいが一般的?知識をつけてスムーズに対応を!

結婚式の時に、日頃からお世話になった方へのお礼や交通費として
当日にお渡しするのがお車代です。

そんなときは新郎新婦の親が代表となってお渡しをすることが一般的です。
そこで今回は、お車代を準備する際の心得や渡し方、
金額の相場などをご紹介していきたいと思います。

 

お車代を準備する時期や渡し方について

お車代を準備するのはだいたい結婚式の1週間前くらいが良いでしょう。

あまり早すぎると予定が変わったりしますので
割とギリギリに決めるのが普通です。

そして新札の千円札を中心に多めに用意しておきます。
ご祝儀袋、ぽち袋も多めに用意しておいてください。
筆ペンなどで表書きをするのを忘れずに!

では渡す人と渡すタイミングについて順番に見ていきましょう。

・親族以外の司会者さんや乾杯の挨拶をしてくれた方には受付にて頼んだ側の親が渡します。
・遠方から来てくれた親戚には、親から別室で、親戚以外ならば受付で渡します。
・仲人さんには両家の親が別室にて、披露宴が終わった後に渡します。

それぞれ渡す人とタイミング、場所などが異なるため
事前にチェックをして失礼の無いようにしておきましょう。

またどの方に渡す際も、挨拶を忘れずにして
なるべく目立たないように渡すようにします。

これは相手がかしこまって気を遣ってしまわないようにするための配慮と言えるでしょう。

 
スポンサードリンク

お車代の一般的な金額の相場

それでは続いてお車代の金額の相場をご紹介していきます。

まずどの方に対しても最低でも1万円以上は包むようにしてください。
1万円以下では失礼に当たります。

お礼などの場合1万円未満はぽち袋、
1万円以上はご祝儀袋に入れるのが常識です。

そのためお車代はご祝儀袋に包むのが正しい方法ですよ。
次に具体的な金額相場を見ていきましょう。

まず主賓や乾杯の声がけをしてくれた方には1万円~の金額を包みます。
すでに往復のハイヤー代金を支払っている場合はお車代は包まなくて大丈夫です。

続いて遠方から来てくれた方には、交通費の半額~全額を包みます。
親族以外では交通費が宿泊費かどちらを負担するかを
話し合ってから渡すようにしてください。

最後に仲人さんに対しては、
往復の交通費(ハイヤーや新幹線など)に相当する金額を包む必要があります。

なお、仲人さんの場合はお礼とは別の熨斗袋でお渡しをしてくださいね。

 

最後に・・・

結婚式の時のお車代について、
渡し方や金額の相場をご説明してきましたが、いかがでしたか?

それぞれお車代をお渡しする方によって対応も違うことがわかりました。

事前に知識として頭の中に入れておき、
当日スムーズに行動できると良いですね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク