風邪で喉が痛い時の対処法は?正しく実践すれば痛みを和らげることも可能!

風邪で喉が痛い時の対処法は?正しく実践すれば痛みを和らげることも可能!

風邪をひいたかも?と思ったら、
一気に痛くなったり違和感から気持ち悪くなる喉の痛み。

何を食べても飲み込む時に痛いですし、
ひどいと自分の唾も飲めなくなるくらいです。

そこで今回は喉の痛みを解消する対処法はないものか、
調べてみましたのでご覧ください!

 

風邪で喉が痛くなる原因は?

まず「風邪をひいちゃった!」と自覚するのって、
喉の痛みや違和感からという人が多いと思います。

風邪をひいて喉が痛くなるのは、
喉に風邪のウイルスが張り付いて炎症を起こしているからなんです。
炎症は体がウイルスと闘って頑張ってくれている証拠なんですよ。

しかし体がウイルスに負け気味で、
風邪のウイルスが元気いっぱいに活動しているうちはずっと喉は痛いままです。

風邪のウイルスはひとつではなく実は200種類以上あるので、
ウイルスの細かい原因を突き止めるのは厳しいんですね。

繰り返し風邪をひくのは、その都度違うウイルスに感染しているからなんです。

つまり喉が痛くなる手順としては、

①喉の粘膜に風邪のウイルスが感染する
②体が喉に付着したウイルスをやっつけようと炎症反応を起こす
③喉が腫れてくる
④薬や休養などのおかげで風邪のウイルスがだんだん弱体化してくる
⑤喉の痛みも落ち着き、快方に向かう

この5段階の過程を経て、
ようやく喉の痛みはやっと消えてくれるんですね。

 
スポンサードリンク

喉が痛いときの対処法

それでは、喉が痛くなってしまったときの対処法を4つ紹介していきます。

これらを正しくおこなうことで早めに痛みを和らげることができますので、
しっかり覚えて実践してみてください!

①首回りを温める
とにかく喉が痛いときは首回りを温めて寝るのが一番です。
マフラーや肌ざわりの良い毛布などを巻きつけて冷やさないようにしてくださいね。
マフラーの間にカイロを仕込んでおくと温かくてよく眠れますよ!

②温かい飲み物を飲む
喉の痛みには温かい飲み物がベストですが、なかでもはちみつレモンはダントツです。
レモンの薄切りを3枚とはちみつ、砂糖を入れてお湯を注ぐだけ!
レモンのビタミンCと、はちみつは殺菌効果もあるので風邪で喉が痛いときはぴったりです。

③マスクをする
これはもちろん周りに風邪を移さないためもありますが、
マスクをすることにより喉の乾燥が防げるので、
ウイルスの活動を抑えるはたらきもあるんですよ。

風邪のウイルスは乾燥状態だとより活発化してしまいますからね。
オススメは小林製薬の「のどぬ〜る濡れマスク」です。
メントールが入っていて呼吸も楽になりますよ。

④緑茶でうがいする
緑茶に含まれるカテキンは殺菌作用があり、それでうがいをすることで、
喉の痛みの原因であるウイルスを洗い流しちゃおうというわけです。
薬ではないのでうがいのときに変な味もしないですし、オススメですよ!

 

まずは体を休めることも大切!

今回は風邪をひいたときの喉の痛みについてご紹介してきました。

早めに喉に良い対処法を試してみることも大切ですが、
まずはできるだけすぐに休むことです。

喉の風邪は長引くこともありますから、
油断しないでしっかり治していきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク