からしの原料、マスタードとの違いは?定番の料理に加えて隠し味にも!

からしの原料、マスタードとの違いは?定番の料理に加えて隠し味にも!

からしと言えば、おでんや納豆などに使ったり、
和食にひと花添えるのが特徴だと思います。

しかし、一方のマスタードはというと、
ウインナーやホットドッグなどにつける、
洋風タイプになりますよね。

そもそも、あの黄色いからしの原料は、
一体何でできているのでしょうか?。

今回はからしの原料やマスタードとの違いについて、
詳しく見てみることにしましょう!

 

からしの原料について

からしは一般的に和風なものですが、
原料はアブラナ科のセイヨウカラシナの種を粉々にして、
水で溶いたものを指します。

からしの材料は、基本的にこのセイヨウカラシナの種のみです。

からしと言うと和風で日本独自のものと思ってしまいますが、
セイヨウカラシナ自体は実は外国産で、
中国やインドから香辛料として伝わったと言われています。

また、海外でもからしは販売されていて、
海外では「オリエンタルマスタード」や「チャイニーズマスタード」、
という名前で売られています。

からしの成分であるセイヨウカラシナの種は、
「芥子(がいし)」という漢方に使われている生薬で、
気管支炎などの時に胸に塗ると呼吸が楽になるなどの効能があります。

ただ、からしの質が良すぎたり、塗りすぎたりすると、
肌が赤くなってしまうので注意が必要ですよ!

 
スポンサードリンク

からしとマスタードの違い

和風のイメージが強いからしと、洋風のイメージが強いマスタード、
どこがどう何が違うんでしょうか。

それは、からしがセイヨウカラシナの種のみでできているのに比べて、
マスタードはからしに酢などの調味料を加えている点で、
酸味が強くなっているので、基本的に辛さは控えめです。

さらにマスタードには粒あり、粒なしとありますよね。
この違いは、セイヨウカラシナの種の粒を完全に粉々にせずに、
ある程度粒を残したものなんですね。

個人的には私は粒マスタードの方が好きです。
ウインナーなどにマスタードをたっぷりつけて食べるのは最高ですよね!

料理のちょっとした隠し味にも使えるので、
我が家では必ず冷蔵庫に常備してあります。

オススメは、シチューやミルク煮などに粒マスタードを少し入れると、
ピリリとした感じと酸味がミルクと絶妙にマッチして、
大人の味に変化するんです!

ぜひ一度試してみてくださいね!

 

からしやマスタードをもっと活用してみよう!

今回はからしの原料についてや和風のからしと洋風のマスタード、
このふたつの違いについてなどを見てきました。

からしは色々な原料を混ぜたイメージをしていましたが、
セイヨウカラシナの種のみでできているんですね!

マスタードはからしに調味料を加えたものですが、
定番のウインナーやホットドックへの使用から、
ちょっとした隠し味としても使えます。

オススメの隠し味レシピもご紹介してきましたので、
和食で馴染みのあるからしに加えて、
マスタードももっと活用してみてくださいね。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク