寒中見舞いの時期やマナーは?ポイントを抑えて正しい書き方を!

寒中見舞いの時期やマナーは?ポイントを抑えて正しい書き方を!

寒中見舞いは、この一年の中でも寒い時期に相手を気遣ったり、
自分の近況報告をしたりする連絡の際などで使われる、
季節の挨拶状のひとつになります。

つい年賀状の陰に隠れて目立たない存在になりがちな寒中見舞い、
きちんとしたマナーを身につけて相手に気持ち良く受けとってもらいたいですよね。

そこで、今回は寒中見舞いの時期や書き方、
マナーについて勉強していきたいと思います。

 

寒中見舞いの時期について

では、まず寒中見舞いはいつ頃出すものなのかをご説明していきます。

一般的に寒中見舞いは、正月が明けた1月7日の松の内をすぎて、
1月8日から出すのが正しいとされています。

年賀状は1月8日をすぎたら出すのは失礼に当たりますから、
その代わりに寒中見舞いで相手の安否を気遣うというふうに段取ればバッチリです。
時期としては2月4日の立春までが適しています。

2月4日といえば新暦でいうとまだ真冬ですが、
立春という暦の上で春がやってきているのに、
寒中見舞いというのはふさわしくないという意味からこの時期までとしています。

もし2月4日を過ぎてしまったら「余寒見舞い」として2月末までに出すと良いでしょう。

これらをまとめると

・年賀状…1月1日〜1月7日
・寒中見舞い…1月8日〜2月4日
・余寒見舞い…2月5日〜2月末

となります。

 
スポンサードリンク

寒中見舞いの書き方・マナー

続いて寒中見舞いの書き方について勉強していきましょう!
寒中見舞いに書くことのポイントとしては下記の点が挙げられます。

・寒中見舞いという言葉が入っている
・季節の挨拶がきちんと入っている
・年賀状のお礼や遅れたことへのお詫びが入っている
・相手を気遣った言葉が入っている
・自分の近況報告が入っている
・引き続き良い関係が築けるような文面が入っている
・結びの挨拶が入っている
・年号、月がきちんと入っている
・相手の名前、差出人がきちんと書かれている

これらをすべてクリアしていれば、完璧な寒中見舞いのできあがりです。
親しい関係であれば、自分なりの言葉で丁寧に書いていけば大丈夫ですよ。

さて寒中見舞いに関してマナーはかなり大事になります。
書き方や出し方によっては相手の気分を害してしまうことになりますから、
丁寧に書くよう心がけましょう。

ポイント1:年賀はがきを使ってはいけない
年賀はがきが余ったからといって、寒中見舞いを年賀はがきで出してはいけません!
相手方に失礼に当たります。
絵柄は季節が出たもので、年賀状を連想させる干支や正月に関する絵柄は避けましょう。
雪の柄なんかだと綺麗で良いかもしれませんね。

ポイント2:頭言葉、結語は要らない
寒中見舞いに厳密なルールは存在しませんが、あまり堅苦しくならなくても大丈夫です。
ただ全体的にはかしこまった言葉で、丁寧に書きましょう。

ポイント3:言葉遣い
間違っても「年賀状を出し忘れてから寒中見舞い出しちゃった」などの文面は避けてくださいね(笑)
相手の気持ちになって文面を考えましょう。

 

寒中見舞いはマナーを大切に!

ここまで寒中見舞いの時期、マナーについて勉強してきましたが、
おわかりいただけましたか?

寒中見舞いは年賀状の時期に引き続き出すもので、
相手を気遣い自分の近況報告をするためのものだということがわかりました。

それゆえに年賀はがきをつかってはいけない、
言葉遣いに気をつけるなど細かいマナーも大切になるんですね!

お互いが気分良くなれるよう、寒中見舞いを正しく書けると良いですね。

 

作成者:Miya

スポンサードリンク