ノーベル賞の梶田隆章氏と大村智氏の家族、子供は?受賞は苦しい時代を支え続けた彼らの存在も!

ノーベル賞の梶田隆章氏と大村智氏の家族、子供は?受賞は苦しい時代を支え続けた彼らの存在も!

2015年のノーベル賞に、梶田隆章氏と大村智氏が選ばれました。

彼らがノーベル賞を受賞するまで研究を支えたのは、
同じグループの研究者や恩師の存在が大きかったと思います。

そして、彼らの家族からの支えもあったことでしょう。
今回は梶田隆章氏と大村智氏の家族や子供について見ていきます。

 

梶田隆章氏の家族や子供について

まずは、ニュートリノの研究でノーベル物理賞を受賞した、
梶田隆章氏の家族について見ていきましょう。

梶田隆章氏は同い年の美智子さんと結婚されており、
ノーベル賞を受賞したときも報告していましたね。

美智子さんは梶田隆章氏を家では普通の人と答えており、
一般人が持つお堅い研究者のイメージとは違うようです。

梶田隆章氏と美智子さんは埼玉大学の弓道部で知り合い、
1985年に入籍しています。

そして子供は息子と娘が一人ずつおり、
年齢は息子が22歳、娘は24歳だそうです。

梶田隆章氏が現在56歳と若いため、
二人の子供の活躍も楽しみですね。

梶田隆章氏は単身赴任で研究をしているそうですが、
週末は家族の元へ帰っているようです。

この仲の良い家庭環境も、日々の研究の支えになったのかもしれません。

 
スポンサードリンク

大村智氏の家族や子供について

続いて、エバーメクチンの発見でノーベル医学生理学賞を受賞した、
大村智氏の家族について見ていきます。

大村智氏は文子さんと1963年に結婚されており、
かなりの愛妻家だったようです。

若い頃は大村智氏の収入が少なかったため、
文子さんが家計を支えていたのだとか。

そして、子供は育代さんという一人の娘がいます。
育代さんは現在42歳だそうで、
大村智氏と同居しているとのことです。

ただ、残念ながら妻の文子さんは16年ほど前に亡くなられたそうで、
現在大村智氏と娘の育代さんは二人で暮らしているようですね。

大村智氏はノーベル賞の報告を真っ先に育代さんに伝えたそうで、
育代さんも非常に喜んでいたそうです。

大村智氏もまた、亡くなられた奥さんたちの支えがあり、
研究を続けてこられたのでしょう。

 

ノーベル賞受賞には苦しい時代を支えた家族の存在も

ノーベル賞を受賞した方々の姿を見ていると華々しい成果を挙げ、
恵まれた環境の中で研究を続けてきたかのように見えます。

ですが、研究者の収入は出世するまで決して高いとは言えず、
苦労をされている方が多いとも聞きます。

おそらく、梶田隆章氏や大村智氏もそんな時代があったことでしょう。

そんな状況を支えてくれたのは、
やはり家族の存在だったのではないでしょうか。

ノーベル賞の賞金は1億円を超えるとも言います。

これでこれまで支えてくれた家族のために、
ようやく恩を返せそうですね。

今は苦労をしている研究者の方たちも、
いつか素晴らしい功績を挙げられるようにがんばってほしいと思います。

~梶田隆章氏と大村智氏の関連記事~
ノーベル賞の梶田隆章教授の経歴や学歴、受賞は師である小柴昌俊氏の存在が大きかった!
ノーベル賞・大村智氏の北里大学の偏差値は難関大学並み、どのような経歴や学歴で研究所に?

 
作成者:Shinji
 

スポンサードリンク