除夜の鐘の意味、煩悩との関係は?知識をつけて綺麗な心で新年を!

除夜の鐘の意味、煩悩との関係は?知識をつけて綺麗な心で新年を!

いよいよ今年も終わりなんだなぁと感慨深い気分になる除夜の鐘。
除夜の鐘は108回鐘が鳴りますが、これには意味がありそうですよね!

そして、なぜ「除夜」の鐘というのかも気になります。
そこで今回は、除夜の鐘について詳しく説明していきたいと思います。

 

除夜の鐘の意味や由来

ではまず、除夜の鐘の意味や由来から説明していきましょう。

除夜の鐘の「除夜」とは、12月31日である大晦日のことを指します。
古いものを捨てて新しいものに移っていくという意味がある「除」という漢字。

つまり大晦日は「除日(じょじつ)」と呼べるため、
除夜の鐘は大晦日の夜に鳴らす鐘だというわけですね。

108回鐘を鳴らす意味は、下記のような様々な説があります。

・人間の煩悩が108個あることを指す
・これまでの一年間を指す
・108もの四苦八苦を指す

この中でみなさんが多く知っている説は、
108個の煩悩であるという説ですよね。
煩悩を取り去るためにその数だけ鐘を鳴らすということです。

ですが、108回も鐘を鳴らすなんて、
鳴らす方も聞く方も結構大変な作業ですよね。

 
スポンサードリンク

除夜の鐘と煩悩の関係

除夜の鐘が人間の煩悩を取り去るためという説ですが、
なぜ人間の煩悩の数が108個なのかご存知でしょうか?

これは、人間の6つの感覚である、
視覚、嗅覚、味覚、聴覚、体感、霊感からきているそうです。

これらを感じ取っているとき、3種類(悪、好、平)の状態と、
2種類(染、浄)の状態がそれぞれあるのです。

そこから6×3×2=32となり、
さらに前世・今世・来世の分の煩悩も合わせて、
合計108個となるわけなんですね。

つまり除夜の鐘は、今現在だけでなく、
過去や未来の煩悩も取り去ってくれるということになります。

では、大晦日のうちに除夜の鐘を108回鳴らすのかというと、
実はそうではありません。

最後の一回、つまり108回目の鐘だけは、
年が明けてから鳴らすことになっているんですよ!

これは、新しく迎える年が煩悩に惑わされないようにするためだそうです。
何気なく聞いていた除夜の鐘ですが、意外と奥が深いですよね!

 

除夜の鐘についてのまとめると・・・

さて、ここまで除夜の鐘について説明してきましたが、いかがでしたか?
まとめると下記のようになります。

・除夜とは大晦日の夜のこと
・108回鳴らす理由には、複数の説がある
・108個の煩悩説が一番有名
・除夜の鐘108回目は、新年が明けてから鳴らす

何かと慌ただしい年末年始ですが、
自分の心をしっかりと研ぎ澄ませて、
しっかり除夜の鐘を聞いて綺麗な心で新年を迎えたいですね。

 

作成者:Miya

スポンサードリンク