人日の節句の意味、七草粥を食べる由来は?健康と縁起のためおいしくいただこう!

人日の節句の意味、七草粥を食べる由来は?健康と縁起のためおいしくいただこう!

七草粥を食べるのはお正月の豪華な食事で疲れた胃を休めるためと、
多くの方が認識しているかと思います。

しかし、実は中国から伝わったお正月の行事である、
「人日(じんじつ)の節句」によって七草粥が食べられているんです!
でも、人日の節句って何?という人がほとんどでしょう。

そこで今回は、人日の節句についてと、
七草粥を食べる効果についてご紹介したいと思います。

 

人日の節句とはどんな日?

人日の節句とは、中国から伝来した季節の行事である五節句のひとつで、
中国では下記のようになっています。

・1月1日は鶏の日
・1月2日は狗(いぬ)の日
・1月3日は猪(ぶた)の日
・1月4日は羊の日
・1月5日は牛の日
・1月6日は馬の日

では1月7日は何なのかというと、人の日(人日)とされ、
犯罪などの罰を与えることはしないという決まりになっていたそうです。

1月7日には、七草を入れたスープ(あつもの)を食べていたことから、
日本に七草粥として伝わったのです。

これが日本では平安時代に始まり、
世に広まったのは江戸時代からとされています。

ちなみにこの人日の節句は、
新年が明けて初めて爪を切る日ともされています。

七草を浸した水に指をつけて、
爪を柔らかくしてから切ると、
一年風邪を引かないと言われているんですよ!

また1月7日は松の内。
お正月飾りを片付けるお正月の最終日ですね。

心機一転、気持ち良く新たな年を過ごす上で、
大切な日であることは間違いなさそうです。

 
スポンサードリンク

七草粥を食べたときの効果

続いて、七草粥を食べたときの効果についてご紹介しましょう。

冒頭でも触れましたが、七草粥を食べるのは、
多くの人が七草粥で疲れた胃を休めるためと答えるでしょう。

でも、それは少し違っているようで、
春の七草には冬にありがちなからだのトラブルを予防するはたらきがあります。

お正月というと、おせち料理が中心となりますが、
圧倒的に野菜が不足しているんですよね・・・。

そこで、緑黄色野菜である春の七草をたっぷり入れた、
栄養満点の七草粥を食べることで、
不足している栄養分を補って健康になる!というわけなんですね。

他にもには、中国では出世を願う風習もあるということですよ。

七草粥は新年を迎えて健康に一年過ごすために栄養だけでなく、
縁起としても良いものなんですね。

 

1月7日はおいしく七草粥を!

今回はあまり聞き慣れない人日の節句についてと、
七草粥を食べたときの効果についてご紹介してきました。

人日の節句は中国から伝わった五節句の中でも、
新年が明けて最初の行事であるということがわかりましたね。

それが日本に伝わって、平安時代より七草粥が食べられ始め、
江戸時代には広く浸透するようになりました。

七草粥は緑黄色野菜たっぷりで栄養満点!
お正月に足りなくなった栄養を補う役割も果たしているんですね。

1月7日は健康のためや縁起として、
七草粥をおいしくいただきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク