石焼芋の作り方は?家でも簡単に作れる方法をご紹介!

石焼芋の作り方は?家でも簡単に作れる方法をご紹介!

冬になると同時に外から聞こえてくる「石焼芋~お芋~♪」の歌。

ずっと気になり続けて早10年、小心者のわたしは未だに買ったことがない石焼芋。
でも、最近はスーパーなどでも売られていますのでよく購入しています!

ところで石焼芋って、ふかし芋とはどう違うのでしょうか?
今回は、石焼芋とふかし芋の違いや、
石焼芋の作り方についてご紹介したいと思います!

 

石焼芋とふかし芋の違い

石焼芋とふかし芋って、もう香りからして違いますよね!
石焼芋は香ばしくて濃厚な甘い香りがして、
ふかし芋は芋の風味がソフトに伝わるような優しい香りがします。

でも違いって、作り方の違いだけなんでしょうか?
改めて詳しく見ていきましょう!

ふかし芋はご存知の通り水蒸気の熱でサツマイモに火を通します。
一方、石焼芋はジワジワと石の伝導熱で火を通します。
食べてみると、おそらく多くの人が石焼芋のほうが甘くて美味しいと感じるでしょう。

これは、石焼芋が低温でジワジワと日が通るためなんです!
サツマイモには消化酵素のアミラーゼが含まれていますが、
これがでんぷんを細かくして麦芽糖という甘味のもとを生成していくのです。

これは70度くらいで一番増えていくため、
高温にさらされるふかし芋ではでない甘味が石焼芋にはあるんですね!

 
スポンサードリンク

家で石焼芋を作る方法

石焼芋って石で焼くんでしょ?家でなんて作れるの?
という声が聞こえてきそうですが・・・。

なんと家で簡単に石焼芋が作れちゃうんです!
もちろん石は使いませんので、石焼芋風ということになりますが・・・(笑)

必要なのはオーブントースター、サツマイモ、アルミホイルのみ!
まずは、サツマイモの皮をしっかり洗っておきます。

アルミホイルでサツマイモ全体を包んで、
オーブントースターで45分じっくりと焼くだけです。
本当に簡単でしょう?

竹串を刺してみて、スッと通るようであれば完成です。
通らなければあと15分プラスしてトースターでじっくり火を通してみてください。

出来上がったら、あとは皮ごとパクッといただくだけ!
口の中いっぱいに広がる甘さが疲れた体を癒してくれます。

 

おやつにもピッタリな石焼芋

ふかし芋と石焼芋の違いや、石焼芋の作り方を説明してきました!

ふかし芋より石焼芋が甘さが多いのは、
低温でじっくり火を通すことで糖分が増えるからなんですね。

また、家でもオーブントースターとアルミホイルがあれば、
簡単に石焼芋風の焼芋が作れますし、
サツマイモは栄養のある食材ですので、おやつにもピッタリです!

是非お試しください!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク