妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けても大丈夫!積極的に受けた方がいい理由とは?

妊娠中にインフルエンザ予防接種は受けても大丈夫!積極的に受けた方がいい理由とは?

冬になるとインフルエンザが流行しだします。

そこで予防策として有効な方法がインフルエンザ予防接種です!
でも、妊娠中でもインフルエンザ予防接種は受けても大丈夫なのでしょうか?

わたしは偶然妊娠直前に摂取を済ませていたので大丈夫だったのですが、
少しでもタイミングが遅ければかなり悩んだと思います。

そこで今回は妊娠中のインフルエンザ予防接種について
ご説明していきたいと思います。

 

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けても問題ない?

妊娠中は普段よりも抵抗力が弱まっているため、
インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

そのため、早くから予防接種を受けて準備しておきたいですよね。

そこでどうしても気になるのは妊娠中であっても、
インフルエンザ予防接種を受けて大丈夫かという点ですが、
結論から言うとまったく問題ありません!

インフルエンザ予防接種はウイルスを死滅させて毒をなくしたものなので
安心して打つことができるんですね。

また妊娠初期に受けてもおなかの赤ちゃんに影響はないと報告されています。
妊娠中は全期間、インフルエンザ流行期に差し掛かったら
積極的に予防接種を受けておいたほうが良いというわけですね。

 
スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種を受けた方がいい理由

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けたほうがいい理由としては、
まず症状の重症化を防ぐ役割がある点があげられます。

ですが、予防接種を受けたからと言ってインフルエンザは100%予防できません。
それでも症状が重くなることを防いでくれるので、受けるに越したことはないのです。

妊娠中にインフルエンザになるとタミフルなどの薬を
続けて飲まなければならないので何かと心配も残るでしょう。

妊娠後期に予防接種を受けないでいて、いざ赤ちゃんが生まれてから、
すぐにインフルエンザにかかってしまったら大変です!
妊娠初期につわりの症状と重なるのもつらいですしね。

たった1本の注射でつらい症状を防ぐことができるかもしれないんですから、
ぜひインフルエンザ予防接種を受けてほしいですね。

 

妊娠中でもきちんと予防接種を受けて対策を!

妊娠中のインフルエンザ予防接種についてお話してきましたが、
いかがだったでしょうか?

インフルエンザ予防接種は妊娠中いつ受けても
特におなかの赤ちゃんに影響はないということが分かりました。

それよりも、妊娠中にインフルエンザにかかってつらい思いをしたり
タミフルを飲んだりすることを考えたら、
きちんと予防接種を受けて予防したほうが体に優しいということなんですね。

もちろん妊婦さんだけがインフルエンザ予防接種を受けるということではなく、
ご主人も一緒に家族全員で感染を予防していく取り組みをすることが大切です。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク