赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の効果や間隔、回数は?「ブースト効果」でしっかり予防!

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の効果や間隔、回数は?「ブースト効果」でしっかり予防!

生後6ヶ月から接種することができるインフルエンザ予防接種。

できれば予防接種をすることでインフルエンザを防ぎたいし、
かかったとしても軽く済ませたいですよね。

でも赤ちゃんのインフルエンザ予防接種って
どのくらい効果があるものなんでしょうか?
また予防接種は2回打たなければならないって本当?

今回は赤ちゃんのインフルエンザ予防接種について
大特集していきますよ!

 

赤ちゃんへのインフルエンザ予防接種の効果

大人でもかかるとつらいインフルエンザに赤ちゃんがかかってしまうなんて、
考えただけでかわいそうになりますよね…。

できれば赤ちゃんにもインフルエンザ予防接種を受けさせたいところですが、
厚生省の発表では1歳未満の赤ちゃんには
インフルエンザ予防接種をしても十分な抗体ができないとされています。

インフルエンザ予防接種を受けたからといって
100%防げるというわけではないんですね。
これは赤ちゃんのほうが大人よりも顕著みたいです。

しかしインフルエンザ予防接種をしていることによって、
感染しても重症化しにくいという効果が得られるため
積極的な接種がすすめられるのです。

特に保育園などで集団生活をしている赤ちゃんは
なるべくなら積極的に接種したほうがいいでしょう。
集団生活ではインフルエンザの感染確率がかなり高くなりますからね。

また赤ちゃんだけ接種するのではなく、
家族全員がインフルエンザ予防接種をしっかり受けるのが一番の予防になります。

赤ちゃんになるべくウイルスを持ち込まないように気を配りましょう。

 
スポンサードリンク

予防接種の間隔とブースト効果

ところで赤ちゃん~13歳くらいまでは
インフルエンザ予防接種を2回打たなければならないってご存知でしたか?

これは小さい子どもの場合まだ様々なウイルスに接する機会が少ないため、
インフルエンザの抗体が1回では十分できにくいからなんです。

2回接種することで1回接種よりも
およそ10倍もの予防効果があると言われています。

これを「ブースト効果」というのですが、
赤ちゃんにはこのブースト効果が欠かせないというわけなんですね!

接種間隔は、一番効果が期待される期間で
3~4週間あけて2回目を接種すると良いとされています。

赤ちゃんはなるべく4週間以内に2回目を接種するようにしてくださいね!

 

赤ちゃんの予防接種の知識をつけてしっかり予防を!

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種について大特集してきましたが、
いかがだったでしょうか?

赤ちゃんは免疫力がまだ弱いので2回接種しなければならないんですね。
接種間隔を守って、効果が出るようにスケジューリングしましょう!

~関連記事~
2015年のインフルエンザの流行時期は?予防接種の時期や価格もチェックして家族全員で対策を!
インフルエンザ予防接種の副作用の原因は?腫れや発熱が出たときの対処法をご紹介!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク