2015年のインフルエンザの流行時期は?予防接種の時期や価格もチェックして家族全員で対策を!

2015年のインフルエンザの流行時期は?予防接種の時期や価格もチェックして家族全員で対策を!

冬場になると毎年気になるのがインフルエンザの流行情報ですよね。

わたしも一度インフルエンザにかかり酷い目にあってから
毎年秋になると予防接種を受けて対策をしています。

しかしインフルエンザが流行する時期って
厳密にいうといつぐらいなのでしょうか?

さらに気になるのが予防接種の打つ時期や値段ですよね。
そこで今回はインフルエンザの流行る時期、
そして予防接種についてお話していきたいと思います。

 

インフルエンザが流行る時期は?

2015年から2016年にかけての冬の間流行るインフルエンザ。

一般的な季節性インフルエンザの場合は
12月からだんだん感染する人が増えていき、
1月に感染者数がピークになります。

1月には12月の約10倍もの人が
インフルエンザにかかることになるわけです!

毎年すごい猛威を振るっていますよね。

感染者数のピークはだいたい2月くらいまで続きますが
その年により違いがあり、
長い場合は4月くらいまで流行期が続く場合があります。

ピークの時期にかかりやすい人というと、
やはり5歳から9歳の子どもが大半を占めます。

大人は病院に行かないという人もいるので一概には言えませんが、
やはり抵抗力の低い子どもや高齢者などが要注意ということですね。

インフルエンザウイルスは発症する前日から1週間程度放出しているため、
気づかずにばらまいている人が多いというのも感染者が増えてしまう要因ですね。

それにしても長い年は春になっても
インフルエンザの感染に怯えなくてはならないなんで、
非常に厄介極まりないですね!

 
スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種の時期や価格について

インフルエンザを予防するために効果的なのは
手洗いうがいなどの基本的なことですが、
それより強力な予防効果が期待できるのがインフルエンザの予防接種です。

残念ながら100%感染を予防するものではないのですが、
万が一かかっても症状が軽くなるということから
インフルエンザ予防には欠かせないものとなっています。

インフルエンザの予防接種は打つ時期が重要で、
流行る時期に入る前に抗体をつくっておきたいので
毎年秋である10月から11月にかけて接種しておく必要があるのです。

インフルエンザの抗体ができるまで1ヶ月ほどかかるため、
流行りだしてからでは遅いのですね…。

中には会社などでインフルエンザの予防接種を推奨し
補助金などを出してくれる場合もありますが、
それ以外の一般では1回接種で2000円から3000円というところがほとんどです。

インフルエンザの予防接種は2回接種が推奨されていますが、
2回目はちょっと安くなる病院もあるようです。

 

インフルエンザは家族全員で対策を!

インフルエンザの予防接種は自由診療なので病院によって金額が異なりますから、
事前に問い合わせしてみるのが良いですね。

またインフルエンザの予防接種は、
家族全員が接種することをオススメします。

赤ちゃんは生後6ヶ月から接種可能です。
家族みんなでインフルエンザの予防意識を高めて、
冬場思いっきり楽しめるようにしていきましょう!

~関連記事~
インフルエンザ予防接種の副作用の原因は?腫れや発熱が出たときの対処法をご紹介!
赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の効果や間隔、回数は?「ブースト効果」でしっかり予防!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク