ほうれん草の保存方法や冷凍・解凍方法は?うまく使い分けて食卓へ!

ほうれん草の保存方法や冷凍・解凍方法は?うまく使い分けて食卓へ!

洋食でも和食でも美味しくいただける栄養満点の野菜、ほうれん草。

ただ、1束料理すると量が多かったりして、
なかなか食べきれない家庭も多いのではないでしょうか?
ですが、冷蔵庫で保存していると色も落ちてしまう気もします。

そこで今回は、ほうれん草の正しい保存方法や期間、
さらに冷凍や解凍する方法について勉強していきましょう!

ほうれん草の保存方法・期間

それではまず、ほうれん草の保存方法や期間について説明していきましょう。
ほうれん草には冷蔵庫保存なら3つの保存方法があります。

①新聞紙に包んで保存
新聞紙を濡らしてほうれん草を包んでから、
茎を下にして立てて冷蔵庫で保存すると、
3~4日持たせることができます。

②水に濡らして保存
ほうれん草を水に濡らして傷んでいる葉っぱを抜いてから、
フリーザーバッグに入れて密閉します。
とにかく密閉して乾燥させなければ、冷蔵庫で1週間くらい持ちます。
一番長く持つのでオススメな方法です。

③茹でてから保存
一度下ゆでをしたほうれん草は、
タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存すれば2~3日持ちます。
すぐに食べるのであれば、調理する際には一番簡単な方法ですね。
ただ、ちょっと色が落ちるようです。

以上のように、ほうれん草には複数の冷蔵保存方法がありますので、
使うタイミングによって保存方法を使い分けられるといいですね!

 
スポンサードリンク

ほうれん草を冷凍・解凍する方法

今まではほうれん草の冷蔵保存のやり方をご紹介してきましたが、
次は冷凍保存の方法や解凍する方法について説明していきます。

ほうれん草の冷凍保存には2種類あり、
下ゆでをしてから冷凍するやり方と、
下ゆでせずにそのまま冷凍するやり方とあります。

個人的には葉がグチャグチャになりにくいので、
そのまま冷凍する方法がオススメです。

まず、ほうれん草をザク切りにして水でよく洗い、
そのあと水気をしっかりと切ります。

そして、フリーザーバッグに入れてそのまま冷凍すれば大丈夫です。
解凍する際は凍ったまま沸騰したお湯に入れればオッケーです!

下ゆでしてから冷凍した場合は、
自然解凍か、凍ったまま炒め物などに使うと良いでしょう。

 

保存方法を使い分けて積極的に食卓へ!

今回はほうれん草の保存方法や期間、
冷凍や解凍の仕方についてご紹介してきました。

ほうれん草の冷蔵保存は水に濡らして、
乾燥させないようするのが一番持つことがわかりました。

そして、冷凍保存はそのまま冷凍する場合と、
下ゆでしてから冷凍する場合がありましたね。

ほうれん草は栄養価の高い食材ですので、
しっかりと冷蔵保存と冷凍保存を使い分け、
積極的に食卓へ並べていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク