法事の女性の服装、平服の場合の注意点は?大人として清潔感のある服装を!

法事の女性の服装、平服の場合の注意点は?大人として清潔感のある服装を!

法事に出席する場合、主に黒を中心としたフォーマルな服装で臨みます。

しかし、法事が三回忌以降で相手方が「平服でご出席ください」と申し出ている場合、
どうしたら良いのでしょうか?

今回は法事のときの女性の服装についてと、
平服の場合に押さえておきたい注意点についてご説明していきたいと思います。

 

法事のときの女性の服装について

法事の際に女性がするべき服装といえば、
やはりフォーマルな礼服を着用するのがベストでしょう。
黒のスーツでも大丈夫です。

三回忌を過ぎたらだんだん服装もラフになっていくパターンが多いので、
グレーやネイビーの色合いでも許される場合が多いです。

それでは、具体例を出してみましょう。

・礼服の場合
上下は礼服を身につけます。
アクセサリーは小さめのパールネックレスにします。

法事の時に身につけて良いアクセサリーは、
結婚指輪、パールネックレス、オニキスブレスレットくらいです。
華美なアクセサリーは避けるようにします。

靴下は黒のストッキング、黒のパンプスを用意しましょう。
パンプスはつま先が出ていないタイプのものを選びましょう。
ミュールやサンダルはNGですよ!

・スーツの場合
トップスは白のベーシックなブラウスに、
上下は黒のジャケット、スカートスーツを用意します。

礼服の場合と同じように黒ストッキング、
黒のつま先がきちんとあるパンプスを合わせて着用しましょう。
アクセサリーは結婚指輪くらいにとどめておきましょう。

 
スポンサードリンク

平服の場合の注意点

平服で良いとは言われても、なかなか迷ってしまいますよね。
これは、実は正直に間に受けずにスーツを着用していくのが無難です。

少しラフになったとしても白いブラウスに、
黒か紺のスカートという基本スタイルは維持するようにしましょう。

間違ってもカラーが派手な服装や、
露出度が高い服などは避けるようにしてくださいね!

大人の女性として、いくら平服で良いと言われても間に受けることなく、
清潔感のある法事の場にふさわしい服装を身につけることを忘れてはいけません。

 

法事のときは清潔感のある服装を!

今回は法事の時にふさわしい女性の服装と、
平服での参加の場合の服装について説明してきました。

法事は黒の礼服で華美なアクセサリーは避け、
肌をなるべく出さないように黒ストッキングや、
黒のパンプスを身につけるのが常識です。

平服で良いと言われている場合でも、
黒や紺のスーツを身につけて清潔感のある服装を心がけるようにしましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク