赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒はいつまですべき?判断時期や消毒方法もご紹介!

赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒はいつまですべき?判断時期や消毒方法もご紹介!

赤ちゃんにミルクをあげるときに使用する哺乳瓶。
赤ちゃんが生まれて間もない頃は消毒をしているママが大半でしょう。

ですが、哺乳瓶の消毒は意外と手間がかかるものですので、
いつまで続ければいいのかという疑問も出るのではないでしょうか?

今回は、赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒をいつまで続けるべきか、
また、その消毒方法についてなどを見ていきたいと思います。

 

赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒はいつまで?

生まれて間もない赤ちゃんは抵抗力が弱いため病気になりやすく、
哺乳瓶からの感染のリスクを減らすために消毒をする必要があります。

また、哺乳瓶自体もミルクの成分や唾液が原因となり、
雑菌が繁殖しやすいものでもあります。

哺乳瓶の消毒の方法は消毒液による殺菌や、
電子レンジによる消毒など、人によって様々かと思います。

その消毒はいつまで続ける必要があるかという点ですが、
赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒は、
少なくとも生後3ヶ月まで続けることが推奨されています。

その理由は、赤ちゃんは生後3ヶ月までは抵抗力が極端に低いためであり、
それ以降は抵抗力がついてきますので、消毒の必要性が下がってきます。

ですが、生後3ヶ月時点ではまだまだ抵抗力が高いとは言えませんので、
できれば生後6ヶ月くらいまでは続けたほうがいいかと思います。

ママの中には赤ちゃんがいろいろなものを舐めたりくわえたりするのを見て、
消毒が必要ないと感じる方も多いようですが、
感染のリスクを避けるためにも抵抗力がつくまでは消毒してあげましょう。

もちろん消毒を止めた後も、使用後はしっかり洗い、
哺乳瓶は清潔に保つようにしましょうね。

 
スポンサードリンク

哺乳瓶の消毒方法

赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒方法はママによって違うと思いますが、
一般的にどんな消毒方法があるのか見ていきましょう。

①消毒液による消毒
②電子レンジによる消毒
③煮沸消毒

哺乳瓶の消毒には、主に上記の3つが挙げられます。

①消毒液による消毒
哺乳瓶を消毒液につけ置きして消毒する方法です。

有名な薬品はミルトンですね。
哺乳瓶を消毒液の中に入れた後、乾燥させて消毒します。

塩素の匂いや影響が気になったりするママたちには、
批判的に見られたりする消毒方法でもあります。

②電子レンジによる消毒
電子レンジ消毒用の容器に哺乳瓶と水を入れて消毒する方法です。

電子レンジ消毒用の容器は少し値段がするようですが、
手軽に消毒できるところがメリットです。

購入した容器に説明書がついていると思いますので、
レンジの強さや時間はそちらを参照してください。

③煮沸消毒
大きめの鍋でお湯を沸かし、哺乳瓶を入れて消毒する方法です。
10分程度煮沸した後、お湯を拭き取って乾燥させます。

お湯を拭き取る際には哺乳瓶がかなり熱くなっていますので、
火傷しないように注意してくださいね。

また、これらの3つの方法は消毒前にしっかりと洗うことが前提です。
消毒するからといって洗浄を怠らないように注意しましょう。

 

哺乳瓶の消毒をいつまでするかは自分で判断

赤ちゃんにあげる哺乳瓶の消毒は手間がかかるため
その手間に見合った効果があるのか、
どうしても疑問になってしまいますね。

ママにもよるのですが、二人目や三人目の子供のときは、
慣れてしまってまったく消毒をしないという方もいるそうです。

消毒によって雑菌が防げているかは目に見えませんので、
そうなる気持ちも非常によくわかります。

ただ、生後3ヶ月から6ヶ月くらいまでは赤ちゃんは、
抵抗力が低いということは頭に入れておきましょうね。

その上で、哺乳瓶の消毒をいつまでするかはそれぞれで判断し、
適切な行動を取っていただければと思います。

~関連記事~
赤ちゃんの哺乳瓶は何本用意するべき?ガラス製とプラスチック製の使い分けがポイント!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク