初午の日にいなりを食べるのはなぜ?だんだん広まっている傾向も!

初午の日にいなりを食べるのはなぜ?だんだん広まっている傾向も!

初午(はつうま)の日、あまり馴染みのない言葉ですよね。

世間的に少しマイナーな初午の日ですが、
この日はいなり寿司食べたりして、
「おいなりさん」と深い関係があるんです。

そこで今回は、初午とはどんな日なのかということや、
いなり寿司を食べる理由についてをご紹介します。

 

初午とはどんな日?

初午とは、2月に入って初めての午(うま)の日のことで、
2016年では2月6日(土)にあたります。

古来より、各日にちには十二支が振り当てられており、
毎年初午の日も異なります。

なぜ、1月ではなく2月なのかというと、
稲荷社の総本山である京都の伏見稲荷神社に、
神様が降り立ったのが、2月の初午の日だったからだそうです。

初午の日は豊作祈願を主におこなってきた稲荷神社が中心となり、
稲荷信仰を盛り上げてきた日として知られています。

ですので、この日は稲荷神社にあやかって、
いなり寿司を食べる風習があります。

また、奈良県では子供達が近所の家を訪ねてまわり、
「旗飴(はたあめ)」というお菓子をもらうという、
ハロウィンのような行事もあります。

他にも、2月の初午の日は冬真っ盛りで空気が乾燥していることもあり、
消防隊員が火の用心を呼びかけてお札を配るという地域もあります。

 
スポンサードリンク

初午の日にいなり寿司を食べる理由

初午の日に伏見稲荷神社に神様が降り立ったと言われていますが、
この神様を「稲荷神(いなりしん)」と呼びます。

稲荷神の使いの者がキツネであったことから、
キツネ=油揚げとなりました。

ただ、油揚げだけではなんとも寂しげですよね。
そこで、米俵のような見た目やその年の豊作祈願を意識して、
おいなりさんにしてお供えをしたと言われています。

そして、そのお供えしたいなり寿司をみんなで食べて、
豊作や幸せを願おう!となったのですね。

この初午の日にいなり寿司を食べる動きはだんだん普及しつつあり、
町おこしの一環として効果を生んでいるようです。

 

2月6日はいなり寿司!

だんだんと広まりつつありながらも、まだまだ認知度は低い、
「初午の日にはいなり寿司」という認識。

今回のご紹介で初午の日のことや、
いなり寿司を食べることに興味を持っていただけたら幸いです。

私もいなり寿司は大好きなので、
初午の日にはいなり寿司を作ってみようかなと思います。

もし、2月6日にいなり寿司を見かけたら、
初午を思い出してみてくださいね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク