初節句のお祝い金、祖父母からの金額相場は?受け取り方を理解してトラブル防止を!

初節句のお祝い金、祖父母からの金額相場は?受け取り方を理解してトラブル防止を!

待ちに待った我が子の初節句。

女の子の桃の節句も、男の子の端午の節句も、
それぞれ子供の健やかな成長を願って祝う行事です。

そんな初節句のとき、お母さんを強力にサポートしてくれるのが、
じいじとばあば、つまり赤ちゃんの祖父母ですね。
お母さんと同じくらい、めでたい初節句をお祝いしてくれるでしょう。

でもそんなとき、祖父母からのお祝い金って、
どのくらいが相場なのかちょっと迷ってしまいますよね。

そこで今回は、祖父母からの初節句のお祝い金相場や、
その受け取り方についてご紹介します。

 

祖父母からの初節句のお祝い金の金額相場

祖父母と言っても、実は母方と父方とで、
初節句のお祝い金の金額は異なるんです。

というのも、女の子の場合は雛人形、
男の子の場合は鯉のぼりや五月人形などを家に飾りますが、
これらはすべて母方の祖父母が贈るというのが正しい習慣だからです。

雛人形や五月人形は決して安いものではありませんよね。
立派なものだと何十万円もする高価なものです。

そのため、父方の祖父母は50,000円~、
母方の祖父母は150,000円~と、
ずいぶんな開きが出てきてしまうんですね。

ですが、昔はこのように母方の祖父母の負担が大きくなっていましたが、
最近はお互いの祖父母が話し合って決めている家庭も多くなっているとか。

それぞれ分担して雛人形や五月人形を購入する傾向に変化していっているので、
昔ほど不公平感はなくなりました。

また、核家族が増えて家も狭くなっているので、
大掛かりな雛人形や五月人形を飾るということが少なくなり、
全体的な負担額も減少傾向にあります。

 
スポンサードリンク

お祝い金の受け取り方について

では、祖父母からいただいたお祝い金の受け取り方は、
一体どのようにすれば良いのでしょうか?

お祝い金といっても、雛人形や五月人形を買う場合、
現金で受け渡すということはほとんどなく、
一緒に見に行って購入してもらうという流れが一般的です。

わたしもお互いのじいじとばあばに同行してもらって雛人形を買いに行きました。

いろんな購入に当たってのアドバイスをもらったり、
他にもおもちゃや衣類を買ってもらえたりしたので良かったです。(笑)

初節句のお祝い金というのは厳密に決められているということはないので、
「そのときにかかった金額がお祝い金」といった感じです。

もしくは、現在では雛人形や五月人形を飾らないという家庭も増えているので、
「これで何か買ってあげなさい」と現金をいただくケースも増えつつあります。

この場合は、おもちゃや衣類の購入に充てるということがほとんどです。
何にしても、まずはお互いのじいじとばあばに相談することが一番ですね。

 

トラブルを避けるためにも受け取り方をしっかりと!

今回は記念すべき赤ちゃんの初節句の、
じいじとばあばからのお祝い金についてご紹介してきました。
ちょっと前までは母方の祖父母がほとんどを負担していたんですね。

ですが、初節句に欠かせない雛人形や五月人形は高価なものですし、
やはり母方、父方ともにお互い相談し合うというのがベストなようです。

また、最近では雛人形や五月人形を飾らないという場合もあるので、
トラブルを避けるためにもしっかり話し合っておくと安心です。

祖父母からの金額の相場や受け取り方を理解しておいて、
良い初節句にしていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク