子供に多い皮膚病、はたけの原因や治療方法は?あまり神経質になりすぎないことも大事!

子供に多い皮膚病、はたけの原因や治療方法は?あまり神経質になりすぎないことも大事!

子供の顔や手足に白い斑点ができているのを
見たことはありませんか?

もしかすると、それははたけと呼ばれる皮膚病かもしれません。

はたけの斑点は白いため、特に夏場になると目立ち、
顔にできることも多いですので、
心配に気になるママも多いことでしょう。

今回は、子供に多い皮膚病であるはたけの原因や、
その治療方法について見ていきたいと思います。

 

子供がはたけになる原因

皮膚病のはたけの正式名称は、
顔面単純性粃糠疹(がんめんたんじゅんせいひこうしん)と言います。

主に口や頬に10円玉程度の大きさの白い斑点ができる、
中学生や小学生の子供にできやすい皮膚病です。

顔以外にも腕や脚にできることもありますが、
はたけの症状は痛みやかゆみがなく、自覚症状がないのも特徴です。

そして、子供がはたけになる原因ですが、
以前はカビや細菌の感染、繁殖が関わっていると見られていましたが、
今はその説はあまり有力ではないと言われているようです。

また、ビタミン不足による皮膚のトラブルが原因という説も否定され、
現在のところ詳しい原因はわかっていないとのこと。

ただ、はたけはアトピー性皮膚炎の子供に多いことから、
アレルギーが関係しているのでは、と見られています。

なお、はたけが人から人へ感染する恐れはないようです。

 
スポンサードリンク

皮膚病・はたけの治療方法

はたけになると、その箇所に白い斑点ができますが、
痛みやかゆみといった自覚症状はほとんどありません。

そのため、気づいたら自然に治っているということも多く、
特に治療をしなくても問題はないようです。

ですが、顔にできた斑点を子供も親も、
気にしてしまうこともあるかと思います。

治療方法としては、白色ワセリンを含む軟膏を患部に塗り、
保湿をすることが大切です。

その他、保湿クリームを使用したり、まめに洗顔をするようにして、
肌を清潔にし、保湿することを心がけましょう。

ただ、はたけの治療には時間がかかるもので、
斑点が消えるまでは数ヶ月かかってしまうそうです。

もし、どうしても気になってしまうという場合は、
皮膚科を受診することをオススメします。

 

あまり神経質になりすぎないことも大事

今のところ子供がはたけになる原因は明らかではありませんが、
痛みやかゆみといった症状もなく、
重大な病気につながることもないようです。

ですので、子供がはたけになったからといって、
あまり神経質になりすぎないことも大事です。

逆に、はたけになったということは、
肌のケアが足りていないのかもしれません。

はたけのような皮膚病にならないようにするために、
普段から子供の肌の保湿をしっかりするようにしましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク