歯茎の腫れの原因はストレスや疲れの可能性も!しっかりとした予防と対策方法で健康な歯に!

歯茎の腫れの原因はストレスや疲れの可能性も!しっかりとした予防と対策方法で健康な歯に!

ある日、虫歯でもないのに歯が痛い…。
よく見ると歯茎が腫れていたという経験はありませんか?

歯茎の腫れは子供からお年寄りまで、
誰でも起こる可能性があります。

今回はその原因と予防、対策方法についてご紹介していきます。

 

歯茎の腫れの原因

急な歯の痛みや歯茎の腫れの原因として挙げられるのが、
歯周病などの歯のトラブルやストレス・疲れです。

最も多いのは歯のトラブルであり、
日々の歯磨きが不十分だったり、
間違った歯磨きをしていると起こりやすくなります。

歯磨きが不十分だと口の細菌が繁殖し、
それが歯を治療したときの詰め物やかぶせ物の間に入り、
歯茎が腫れてしまうことがあります。

また、歯茎の腫れはストレスや疲れが原因となる場合もあります。

仕事などで疲れがたまっていたり、寝不足が続いたりすると、
体の免疫力は低下してしまいます。

それによって細菌に感染しやすくなり、歯茎が腫れてしまうのだそうです。

歯茎が腫れてしまった場合は安静にして冷やし、
痛みがひどい場合は市販の痛み止めを飲みましょう。

歯茎の腫れはすぐに治る軽いものから、
重大な歯のトラブルの警告となる重いものまでありますので、
できれば歯医者に相談したほうがいいでしょう。

 
スポンサードリンク

歯茎の腫れの予防と対策

歯茎の腫れの原因は、歯のトラブルとストレス・疲れでした。
では、それぞれの予防や対策についてご紹介していきます。

①歯のトラブルの場合
歯茎の腫れの一番の原因は、歯のトラブルです。
そのトラブルにつながるのが歯磨き。

つまり正しい歯磨きが、歯のトラブルによる歯茎の腫れの予防と対策になります。

一般的に、歯を磨かずに寝てしまったり、時間がなくて適当に磨いてしまったりと、
本当に正しく歯磨きができている方は少ないのではないでしょうか?

歯の表と裏はもちろん、歯と歯の間、歯と歯茎の間もしっかり磨かなければ、
歯のトラブルにつながってしまいます。

正しいブラッシングについては歯医者でも指導してくれますので、
歯の磨き方なんて…と思わずに、
わからない方は一度指導を受けてみるといいかと思います。

②ストレスや疲れが原因の場合
ストレスや疲れが原因で歯茎が腫れた場合、
しっかりと休養をとって、疲れを取ることが大切です。

ストレスや疲れは寝不足のほか、甘い物の食べすぎや、
アルコールの多量摂取も原因となります。

予防と対策は、バランスの取れた食事と規則正しい生活です。

逆に、ストレスや疲れが原因で歯茎が腫れた場合は、
生活が乱れているサインでもありますので、
しっかりと反省して、改善につなげていきましょうね。

 

歯茎の腫れは重症につながることも…

歯茎の腫れは細菌が原因でもありますので、
放っておくと重大な歯の病気につながることもあります。

どうせすぐ治るだろうと思って放置しておくと、
後々後悔することになりかねません。

そうなってしまってからでは遅いので、
歯茎が腫れたときはその原因を把握し、
すぐ改善するようにしていきましょう。

一度無くなってしまった歯はもう戻りませんから、
常に健康な歯を保っていきたいですね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク