がんになったときの保険の一時金、知らなかったでは済まされない!?「がん制度ドック」を活用して利用制度をチェック!

がんになったときの保険の一時金、知らなかったでは済まされない!?「がん制度ドック」を活用して利用制度をチェック!
スポンサードリンク

あなたや家族ががんになってしまったとき、何を申請すればよいのでしょうか?

年金や保険金などの一時金は申請しないと受け取れないものも多いですね。
がんになってしまったときも一時金の申請が必要となります。
そんなもしものことが起きて迷ったとき、「がん制度ドック」を利用すると便利です。

 

がん制度ドックとは?

がん制度ドックとは、2013年に開発されたサイトで、
現在のがんの状態や就労形態、家族、加入している保険などを入力することで、
現在利用できる制度を調べることができるものです。

本人の個人情報を入力する必要はなく、
約20項目の質問に回答を選択・チェックしていくだけで、
利用できる可能性のある制度の一覧を表示してくれます。

その制度についての申請先や申請方法、詳細もチェックできますので、
すべて利用可能とは限りませんが調べてみる価値は充分にあります。

知らなくて申請できなかったというのも理不尽な話ですが、
残念ながら現実では有り得ることですので、
今は利用しない方でも頭の片隅に置いておくことをオススメします。

 
スポンサードリンク

申請によって控除を受けられる可能性も

がんになってしまったときの保険の一時金以外にも、
申請することによって控除を受ける可能性があるものもあります。

例えば、収入減や失業のときは国民年金の保険料納付が免除・猶予される可能性があり、
年金保険料の未納期間を作らずに済むこともあります。

また、本人や親族のために支払った医療費、薬代、通院の交通費などは
確定申告で税務署に申請することで所得控除を受けることもできます。

他に、あまり知られていないことですが、余命半年などと宣告されてしまった場合に、
「生命保険のリビングニーズ特約」という、生命保険が前倒しで受け取れる制度もあります。

特に、医療費控除は忘れずに申請しておきたいですね。

 

がん以外にもある一時金の申請

がんになったときに限らず、申請によって一時金が貰えるものは多いですね。

出産一時金や出産手当金、育児休業給付金などもそれに当たり、
会社員の場合は社内のシステムで申請できるところもあります。

一時金の申請で多い分野は病気、妊娠・出産、介護ですが、
自分で調べるだけでなく社会保険労務士などに相談するのも手です。

申請せずに受け取れなかったということがないように、
利用できる制度はしっかりと確認しておきましょうね!
 

スポンサードリンク