風呂掃除に重曹とクエン酸を使う方法をご紹介!風呂の汚れとの相性も抜群!

風呂掃除に重曹とクエン酸を使う方法をご紹介!風呂の汚れとの相性も抜群!

こまめにおこなっておかないと水垢やカビで、
あっという間に汚れがこびりついてしまうのが風呂。

そんな風呂掃除に、重曹やクエン酸を使っておこなう方法が今注目されています。

ふたつとも食べられる成分なので、
からだに害がないことも人気を呼んでいるそうです。

今回は、そんな風呂掃除に重曹とクエン酸を使うことについてご紹介します。

 

重曹とクエン酸が風呂掃除に使える理由

そもそも風呂の汚れには2種類あるってご存知ですか?

ひとつは石けんカスや水垢などの「アルカリ性の汚れ」、
そして、もうひとつが皮脂汚れなどの「酸性の汚れ」です。

この正反対の性質の汚れがあるために、
なかなかひとつの洗剤では汚れを落としきれなかったりするんですね。

そこで登場するのが、重曹とクエン酸なのです。

重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性の性質をそれぞれ持っていますから、
風呂の汚れにぴったりマッチするんですね!

重曹には研磨剤と同じようなはたらきがあるため、
汚れたものをピカピカにしてしまいます。

クエン酸には消臭作用があるので、カビ臭さなどを一掃することができ、
同時に除菌もできてしまいますよ。

こんな便利で風呂掃除にマッチしているものを、
使わないわけにいきませんね。

 
スポンサードリンク

風呂掃除に重曹とクエン酸を使う方法

続いて風呂掃除で重曹とクエン酸を使う方法の手順についてご説明します。

手順①
まずは、椅子や桶などの小物を全部キレイにしてしまいましょう。
バスタブに溜めたお湯に重曹をたっぷり入れ、
そのまま椅子や桶などキレイにしたい小物類をまとめて投入して一晩置きます。
一晩置いたらスポンジで軽くこすります。

手順②
壁や床にはクエン酸水のスプレーを吹きかけて、スポンジでこすります。
鏡やシャワーなどは特に念入りにクエン酸パックをすると効果的です。

手順③
排水溝は重曹を吹きかけた上から、
さらにクエン酸水のスプレーをかけて、よくこすります。

手順④
風呂掃除の最後にはバスタブの水滴を拭き取り、
しっかり乾燥させることが重要です。
水分が残っていると、そこからまた水垢が発生してしまいますからね。

重曹とクエン酸を使う方法の手順は以上です。
これで風呂中をピカピカにすることができます。

からだに有害なカビ取り剤などを使わなくても、
低コストで簡単に風呂掃除ができてしまうところが、
重曹とクエン酸ペアの魅力です。

 

重曹とクエン酸は風呂以外の場所でも利用可能

今回は重曹とクエン酸を使った風呂掃除のやり方をご紹介してきました。

両方ともドラッグストアで簡単に手に入り、
風呂のほかにトイレなどでも利用可能ですので、
ぜひ日頃の掃除から年末の大掃除まで幅広く使ってみてください。

この重曹とクエン酸という掃除グッズを最大限活かして、
家中をピカピカにしていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク