フケが出る原因は?乾燥とも関係が?自分のライフスタイルに合わせて対策を!

フケが出る原因は?乾燥とも関係が?自分のライフスタイルに合わせて対策を!

フケというとどのようなことを想像するでしょうか?
多くの人は不潔や不衛生といったネガティヴなイメージがあると思います。

ですが、実はフケはどんな頭皮が健康な人でも、誰にでもできるものです。

今回は、フケが出てしまう原因や、
乾燥との関係について説明していきたいと思います。

 

フケが出る原因について

フケができてしまう原因としては、
ホルモンバランスの崩れや皮脂の過剰な分泌、
ストレスなどが考えられます。

頭を数日洗っていない人にフケが出てしまうのは、
皮脂が洗髪しないことによって過剰に分泌しているせいなんですね。

また、毎日頭を洗っている人が大半だと思いますが、
洗いすぎもフケの原因になってしまうんだそうです。

洗いすぎて本来必要な皮脂まで洗い流してしまうと、
乾燥して角質がはがれやすくなってしまいフケとなるんですね。

フケには2種類あり、乾性と脂性があり、
脂性フケに関してはマラセチア菌というカビの一種が原因となっています。

マラセチア菌は皮脂が大好物で、
それがたまりやすい頭皮は絶好の繁殖場所なんですね。

脂性フケはこのマラセチア菌をなんとかすれば起こることはないので、
抗菌作用のあるシャンプーや薬剤を使ったりすれば改善していきます。

 
スポンサードリンク

フケは乾燥とも関係が?

フケと乾燥はどんな関係があるのでしょうか?

フケには2種類あると紹介させていただましたが、
その乾性フケが乾燥と関係しています。

乾燥フケの原因で多いのは、頭の洗いすぎです。
清潔意識の高さなどから洗浄力の強いシャンプーで、
ついつい頑張って頭を洗いすぎてしまうのです。

これが原因で頭皮の乾燥が進み、角質がはがれてきてしまいます。
その結果、ポロポロと肩に白いカス、つまりフケが落ちてきてしまうのです。

対策としては、毎日シャンプーをする場合は、
洗浄力が弱めの肌に優しいシャンプーを選ぶようにします。

もしくは、今までのシャンプーを変えるのは嫌という場合は、
少し気持ちが悪いかもしれませんが、
2日に1回のペースで頭を洗うようにしましょう。

特に朝、夜と1日に2回もシャンプーする人は要注意!
その清潔さが逆効果になってしまっていることもありますよ。

また、ストレスや運動不足で新陳代謝が低下していると、
頭皮のターンオーバーがおこなわれにくくなり、
トラブルが起こりやすくなります。

乾性フケは、乾燥とかなり密接に関わっていたのですね。

 

自分のライフスタイルに合う予防を!

フケが出てしまう原因や、乾燥との関連性について説明してきましたが、
ここで、内容をまとめてみましょう。

・フケは乾性と脂性の2種類がある
・毎日洗髪しているからフケが出ないわけではない
・原因はストレスや乾燥、原因菌の繁殖など
・脂性フケは、マラセチア菌の異常発生が原因
・乾性フケは、頭の洗いすぎ等による頭皮の乾燥、ストレスなどが原因

フケは2種類あるということや、頭の洗いすぎに注意など、
原因や対策方法は様々なんですね。

それぞれのライフスタイルに合った方法で、
フケを予防していきましょう!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク