フローリングに生えたカビの落とし方!重曹とアルコールを使って処理すると効果的!

フローリングに生えたカビの落とし方!重曹とアルコールを使って処理すると効果的!

布団を退かすと床に黒いカビが!?
そんな経験はないでしょうか?

カビは放置するとどんどん広がっていき、
子供のアレルギーやぜんそくの原因になることも…。

そうなる前に、一刻も早く退治しなければいけません!

 

カビが発生してしまう原因

フローリングにカビが生える原因で多いのは、
布団を直接フローリングに敷いている場合です。

人は寝ている間にコップ1杯以上の汗をかくと言われており、
代謝の良い赤ちゃんや子供の場合はさらに多くなります。

その汗が布団に吸収されていき、
布団とフローリングの間に湿気が溜まっていきます。

これが原因で結露ができ、
フローリングにカビが発生してしまうわけですね。

気づかずにそのままにしてしまうとカビは広がり、
処理するのも大変になってきます。

できれば布団を直接敷くのは避けて、
すのこを敷くなどして床との間の通気性を良くしましょう。

また、フローリングのカビは布団だけでなく、
カーペットの下にも発生することがあります。

布団は定期的にちゃんと干す、
カーペットもきちんと洗うようにしましょうね!

 
スポンサードリンク

カビの落とし方

フローリングのカビの落とし方についてご紹介していきます。

まず、カビを落とそうとしたとき、
最初に掃除機で吸い取ってはいけません!

掃除機で吸い込んでしまうとカビの胞子が部屋中に散らばってしまい、
大変な事になってしまいます!

また、お風呂のカビを落とすのによく使うカビキラーもNG!¥。
フローリングの表面の色まで落ちてしまうんです。

最初にすべきことは、雑巾でカビを拭き取ることです。

このときに、カビが好む汚れを分解する重曹を振りかけて水を吹くと効果的!
重曹にはカビを弱めて分解する効果があります。

さらに、カビが根を張っている可能性があるので、
エタノールを使ってカビを殺菌しましょう。

これで落ちればいいのですが、カビの根が深い場合は、
ワックスの下にまで根を下ろしていることもあり、
そうなれば業者に依頼したほうがいいかと思います。

できれば、そうなる前に発見して処理しましょうね!

 

清潔な環境を保つことが大切

フローリングのカビは生えてしまうとしつこい場合が多いため、
生えないようにすることが大切です。

とはいえ、一度発生させてしまった経験がないと、
なかなか意識できないのかもしれません。

ただ、子供の健康上にも悪影響を与えるかもしれませんので、
とりあえず布団を干すことやカーペットを洗うなど、
清潔な環境を保つようにしましょう。

また、普段から窓を開けて換気も行い、
部屋の通気性を浴して除湿もするように心がけていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク