恵方巻きを食べる日はいつ?節分の豆まきよりもメジャーな傾向!

恵方巻きを食べる日はいつ?節分の豆まきよりもメジャーな傾向!

お正月が明けると、様々なお店で恵方巻きの予約を受け付けるようになります。

最近ではバラエティに富んだ恵方巻きがたくさんあり、迷ってしまいますね。
一度でいいので、高価で贅沢な恵方巻きも食べてみたいものです。

ところで、恵方巻きがこれほどメジャーになったのはここ数年のことですよね。
食べる意味や由来について詳しい人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、恵方巻きを食べる意味や由来、
そして食べる日や方角についてご紹介します。

 

恵方巻きを食べる意味や由来

ここ数年でかなりメジャーな食べ物になった恵方巻き。

なぜ恵方巻きが食べられているのかというと、
その年の神様がいる方角(恵方)を向いて食べることによって、
その人に幸福が訪れると言われているからなんです。

わたしも初めて恵方巻きを食べることになったときは、
いろいろルールを調べてみたのですが、
下記の3つが恵方巻きには欠かせないルールなんです!

・恵方を向いて食べる
・黙って食べる
・一気に食べる

また、恵方巻きには基本的に7つの具材が入っていますが、
これは七福神に由来すると考えられています。

そしてビックリなことに、恵方巻きというネーミングは、
実はセブンイレブンが考えたのです!
それまでは、丸かぶり寿司なんて名前で呼ばれていました。

そんなわたしも、毎年セブンイレブンで恵方巻きを購入しています♪

 
スポンサードリンク

恵方巻きを食べる日と方角

では、いったい恵方巻きっていつ食べるの?と思いますよね。
それは2月3日の節分の日にいただきます。

節分といえば豆まきが有名ですが、現在では掃除が大変!ということもあり、
豆まきよりも恵方巻きを家族みんなでかぶりつく家庭が多いそうです。

お母さんの立場としては、ボリュームたっぷりの恵方巻きだけで、
夕飯も済んでしまうという一石二鳥な感じですよね…!

そして恵方巻きといえば、恵方。
つまり神様のいる方向なんですが、これは5年周期で毎年変わります。

気になる2016年の恵方はというと…「南南東」です!
正確には、南南東よりちょっと南寄りということです。

事前にスマホのコンパス機能で南南東を調べておき、
印をつけておくとスムーズに恵方巻きが食べられますね。

わたしも節分の朝にコンパスで方角を調べ、
矢印を床にマスキングテープで貼っておいて、
夜に滞りなく恵方巻きが食べられるように準備しておきます。

マスキングテープならすぐに剥がせますし、オススメですよ!

 

2016年も節分に恵方巻を!

節分にいただく恵方巻きについてご紹介してきましたが、
なんと仕掛け人がセブンイレブンだったとは!

何も知らずにセブンイレブンで恵方巻きを毎年買っているわたしは、
見事策略にはまってしまったわけですね。(笑)

どちらにしても、美味しくて幸せになれる恵方巻きを食べることで、
家族みんなが笑顔で過ごせるということは間違いなさそうです。

2016年の恵方は南南東、今年も1人1本の恵方巻きにかぶりついて、
神様にお願い事をしてみましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク