2016年の土用の丑の日はいつ?春夏秋冬それぞれ食べると良いものは?

2016年の土用の丑の日はいつ?春夏秋冬それぞれ食べると良いものは?

わたしは毎年土用の丑の日が来るのをウキウキして待っています。
なぜなら、大好きなうなぎが食べられるからです♪

そう、やはり土用の丑の日というと、
イコールうなぎと認識している人が大多数ですよね。

でも、土用の丑の日と一口に言っても、
実は春夏秋冬それぞれで過ごし方が違っているんですよ。

今回はそんな土用の丑の日について、
過ごし方や2016年の日にちを具体的に説明していきたいと思います。

 

土用の丑の日とは?過ごし方は?

土用の丑の日というとまず思い浮かぶのは、
夏の日に訪れる日を想像すると思います。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、
実は土用の丑の日は春夏秋冬それぞれに存在しているんですね。

そもそも土用というのは立春、立夏、立秋、立冬などの、
四立の前18日間のことを指します。

それぞれの年によって日にちは微妙に違いますが、
土用の期間は下記のようになっています。

・春は1月17日~2月3日頃
・夏は4月17日~5月4日頃
・秋は7月20日~8月6日頃
・冬は10月20日~11月6日頃

その中でも日にちに十二支を当てはめて、
12日ごとに子、丑、寅…と追っていくと、
土用の丑の日が1回ないし2回あることがわかります。

土用の丑の日の過ごし方としては下記の通りです。

・春は戌の日に「い」のつく食べ物を食べると良い
・夏は丑の日に「う」のつく食べ物を食べると良い=うなぎ
・秋は辰の日に「た」のつく食べ物を食べると良い
・冬は未の日に「ひ」のつく食べ物を食べると良い

このように土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、
夏限定だということがわかりますね。

でも最近ではスーパーなどが、
春夏秋冬問わず土用の丑の日にはうなぎを食べよう!と、
大売り出しをしているそうですよ。

 
スポンサードリンク

2016年の土用の丑の日はいつ?

さて!気になる2016年の土用の丑の日ですが、
今年は下記のようになっています。

・春…4月25日(月)
・夏…7月30日(土)
・秋…10月22日(土)、11月3日(木)
・冬…1月20日(水)、2月1日(月)

2016年の土用の丑の日に関しては、
秋と冬は2日土用の丑の日があるんですね!

昨年は夏の土用の丑の日が2日ありましたが、
今年は7月30日の1日のみとなっています。

7月30日というと梅雨も明けて夏真っ盛りですよね。
しっかりうなぎを食べて体力をつけて、
暑い夏を乗り切って夏バテ知らずのからだをつくっていきましょう!

 

せっかくの土用の丑の日、たまには贅沢を!

ここまで土用の丑の日について、
そして2016年はいつなのかということをご紹介してきました。

有名なのは夏の土用の丑の日ですが、
春夏秋冬にもそれぞれ土用の丑の日があって、
食べるものも違うんですね。

ですが、最近は季節を問わずうなぎを食べてもらおうと、
スーパーなどが大売出ししているようです。

ただ、うなぎももう少し安くなってくれたら嬉しいんでけどね。(笑)
でも一年のうちに何度も食べるものではないので、
たまの贅沢は良しとしましょう!

2016年もしっかり土用の丑の日をチェックして、
おいしいうなぎをいただきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク