【読書感想文の書き方】小1・小2の低学年が仕上げるコツとは?

【読書感想文の書き方】小1・小2の低学年が仕上げるコツとは?

ほとんどの学生の夏休みの宿題の一つに、
読書感想文は含まれているかと思います。

しかし、小1・小2の小学校低学年の子供の場合、
読書感想文をどのように仕上げればよいのでしょうか?

今回は、小1・小2の学生にフォーカスして
読書感想文の書き方のコツをご紹介します。

 

本の選定と感想を引き出すコツ

読書感想文ですので、まずは本を読まなければなりません。

読む本が決まっている場合は、
その中から一番興味のあるものを選ぶのが良いですが、
自分で選ばなければならないという子供もいるでしょう。

その場合、興味があるものを選ぶのが良いですが、
小1・小2あたりだと難しすぎる本は読めませんので、
童話あるいは絵本が中心になってくるかと思います。

図書館に行けば、小学校低学年が読みそうな本が並んでいますので、
参考にしてみるといいかと思います。

本を選定後、実際に子供に本を読んでもらいます。
できれば一人で読めればベターですが、
できなければ読み聞かせから入ってもいいでしょう。

読み終えたら、読書感想文に書く感想を引き出します。

コツは、本全体を通した感想をいきなり聞くのではなく、
ポイントを抑えて引き出します。

感想を引き出すポイントは3つ。

①登場人物はどんな人物だったか
②面白かった場面はどこだったか
③人物や場面に対してどう思ったか

注意点は、親の感想はあまり入れないことですが、
聞いたときに答えられないようでしたら、
自分がどう思ったのかをヒントとして与えてもいいかと思います。

3つのポイントで子供が挙げたことはメモしておくと、
実際に読書感想文を書き出すときに役立ちます。

 
スポンサードリンク

読書感想文の書き方

感想を引き出したら、それを読書感想文に書いていきます。

読書感想文の書き方にもコツがあり、
前半・中盤・後半で区切って書いていきます。
これをはじめ、なか、おわりという言い方もしますね。

①前半(はじめ)
読書感想文の書き始めは、大体が本を選定した理由から始まります。
少しひねった書き出し方もありますが、
小1や小2の段階ではまだそこまで考える必要はないでしょう。

ここでも、子供が感じたことを書くのが大事です。
学校の先生や親が決めたから、
という身も蓋もない書き始めにしてしまうのはやめましょう。

低学年であれば、登場人物がおもしろそうだったからとか、
表紙が気に入ったからという理由でも問題ありません。

②中盤(なか)
本の感想を書き出していきます。
ここで役に立つのが、前述で引き出した3つのポイントになります。

登場人物がどんな人物か、面白かった場面はどこか、
それらに対してどう思ったかを書いていきます。

できれば、ストーリーの流れを考えて書いていけるのがいいですが、
低学年ではまだ文章に書きなれていない子供も多いでしょうから、
多少、前後してしまってもかまわないかと思います。

むしろ、親が読書感想文を書くとき何も手を貸さずに、
ストーリーの流れまで考えた文章を書ける子供のほうが少ないでしょう。

③後半(おわり)
最後には本を読んで一番心に残ったことを書いて終わります。

理想を言えば、その本を読んで現実の自分がどうしていくかなど、
これから行動について入れられればベターです。

例えば、登場人物が優しいと感じたら、自分も人に優しくなりたいとか、
困っている人を助けていきたいなど。

全体を書き終えたとき、文字数が多すぎたり少なかったりした場合は、
中盤を推敲していくことになると思います。

ただ、中盤を推敲したときに、
最後の感想の場面が抜け落ちたりしないように注意してください。

 

大事なのは子供が何を感じたか

小1や小2の低学年にフォーカスした読書感想文の書き方についてご紹介しました。

この学年の読書感想文に対してはあまり神経質になりすぎず、
むしろ素直な感想を引き出すことのほうが大事です。

また、読書感想文の書き方はひとつではありません。

そもそも、正しい読書感想文の書き方なんていうのも存在しないでしょう。
最も大事なのは、子供が本を読んで何を感じたかであり、
読書感想文はそれをどうやって文章に落とし込んでいくかです。

文章は書きなれれば後からどんどんうまくなっていきますが、
それよりも本を読んで心を豊かすることが、この年齢で大事なことなのです。

低学年で読書感想文を書き上げるのは本当に大変なことだと思いますが、
親も一緒になって、がんばってチャレンジしてみてくださいね!

 
~ 読書感想文の書き方の関連記事 ~
【読書感想文の書き方】小3・小4の中学年が抑えたいポイント
【読書感想文の書き方】小5・小6の高学年が書くポイントや意味とは?

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク