電気カーペットの電気代、節約・節電法は?ブランケットや保温シートも活用してより快適に!

電気カーペットの電気代、節約・節電法は?ブランケットや保温シートも活用してより快適に!

部屋の中で寒くなるときって、だいたい足元から冷えてくるんですよね。
メインとして使っているエアコンは暖房としてはいいけれど足元が寒い!

とはいえ石油ストーブやハロゲンヒーターなどは
小さい子どもがいたら危なくて使えない・・・。
そんなときに役立つのが電気カーペットです!

でも電気カーペットって電気代はどれだけかかるのか?
節約、節電をしながら電気カーペットを使う方法はないのか気になりますよね。
今回はそんな電気カーペットのことについて調べてみました。

 

電気カーペットの電気代について

まずは電気カーペットを740Wで1日16時間運転したとき、
1ヶ月の電気代は1日約260円、1ヶ月で約7800円かかります。

これはエアコンを1日16時間つけたときと大して変わらない金額です。

これらをダブルで使ったとすると・・・
なんと15000円もの電気代がかかってしまいます!

これはかなり痛い!
やはり電気代は1ヶ月に10000円以上するとかなりつらいですよね。

ここは電気代をうまく節約、節電しながら
電気カーペットを使用していく必要がありそうです。
詳しい節約、節電方法については次の項目で!

 
スポンサードリンク

電気カーペットの節約・節電法

では実際に電気カーペットの節約、節電方法をみていきましょう!
具体的な方法は下記の4つほど挙げられます。

①設定温度を「弱」にする
②一部分のみ温める
③小さめの電気カーペットにする
④こまめに電源を切る

①設定温度を「弱」にする
電気カーペットの設定温度を「強」から「弱」に変えるだけで、
なんと年間5000円以上も電気代が節約できると言われています。
他の暖房と組み合わせてみて、電気カーペットは「弱」をキープしましょう。

②一部分のみ温める
人が座っている部分って、実はかなり限定されていますよね。
そのため電気カーペットは全面ではなく、
一部分のみ温めるように設定することが大切です。

③小さめの電気カーペットにする
三畳用の電気カーペットから二畳用に変えるだけで、
年間約2000円近くも電気代を節約できちゃうんです!
ちょっと小ぶりな電気カーペットにするのも良いですね。

④こまめに電源を切る
使わないなというときはこまめに電源を切るのも重要ですよ!
あまり付けっぱなしにしていてもずっとカーペットの上にいるわけではありませんし、
使わないときは電源を切りましょう。

 

ブランケットや保温シートも有効!

また電気カーペットの上にいながらブランケットをかけるなどすれば温かいですし、
エアコンの設定温度を下げてもあまり気になりません。

最近では電気カーペットの下に敷くことができる保温シートが活躍しています。
15分電気カーペットを使ったとして、
10%もの電力を抑えることができるみたいですよ。

うまく工夫して、電気カーペットをより快適に活用していきたいですね!

 

作成者:Miya

スポンサードリンク