冬のダニを退治する方法は?発生の原因や場所を理解して適切な対処を!

冬のダニを退治する方法は?発生の原因や場所を理解して適切な対処を!

目に見えない怖い存在…といったら、何を思い浮かべますか?

オバケ…いやいや、もっと実害があるものですよ!
それはいろんなところに潜むダニです。

特に冬は寒いのでなかなか布団を毎日干せなかったりして、
ダニが発生しやすい環境下にあるのです。

そこで今回は冬のダニが発生する原因や退治する方法について、
詳しくお話していこうと思います。

 

冬にダニが発生する原因や場所

ダニというと梅雨時などじめっと下敷きに発生するイメージがあるのですが、
実は違うんです。

部屋の喚起を怠ったりすることで気密性が高まり、
冬でもダニが異常発生する場合があるのです。

ではダニってどうして発生するのでしょうか。
ダニの発生する条件をまとめてみましたのでご覧ください。

・温度が20度以上
・湿度が60%以上
・埃やフケ、食べ物などのダニにとっての餌がある
・畳やカーペット、家具の影などダニが卵を産むのに適した環境がある

結構当てはまっている家庭が多いんじゃないですか?

また、ダニはたんぱく質や糖質を大変好みますから、
お好み焼きの素やホットケーキの素など開封済みの袋のちょっとした口から
入り込んでしまうことがあるんです!

恐ろしいのは、ダニが繁殖しているのを知らずに食べてしまうことです。
アナフィラキシーショックなどの重篤なアレルギーが起こることがあるので、
必ず開封して残った粉物は密封の袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

 
スポンサードリンク

冬のダニを退治する方法

ダニって言っても、目に見えない敵なので非常に厄介ですよね。
冬に効率よく退治できる方法はないのか調べてみたところ、
2つのポイントがあることが分かりました。

①湿度を下げる
室内の洗濯物を干さない、晴れて乾燥した日にはまめに換気をする、
畳の上にカーペットは引かないなど、できることから始めていきましょう。

でも、風邪予防をしようとしたら加湿器は冬の必需品ですよね。
そんなとき、一つ注意点があります。
加湿器のそばにダニの格好の餌である観葉植物を置くのはやめましょう。

②ダニの餌をなくす
まめに掃除をして埃やフケを掃除機で吸う、お菓子の食べこぼしもしっかりと掃除する、
そして、ペットの毛やえさにも気をつけたいところです。

クイックルワイパーなどをかける場合は、
ドライシートがダニの発生を抑えるのに効果的です。

また、髪の毛って意外と目に見えないところで落ちていたりしますので、
できれば1日3回くらいはかけられるといいですね。

 

ダニは冬も油断することなく対処を!

梅雨の時期だけじゃなく冬にも発生することがある、
ダニの発生原因や退治の方法についてお話してきました。

ダニは冬だからと言って決して油断ならないということですね。
わたしも布団干しやレイコップなどで、
しっかりとダニを対処していこうと思います!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク